TOPページ > 緊急時の対策 > 地震への対応

地震への対応 - 生徒の安全対策

東海地震注意情報が発令されたり,警戒宣言が発令(東海地震予知情報が発表)された場合は、授業を行わない。

  1. 在宅時は登校しない。
  2. 登下校中に注意情報が発令されたときは、原則として帰宅する。但し、状況によっては最寄りの避難地へ避難する。
  3. 登校後は、学校の指示に従い速やかに下校する。

学校の再開は,以下のようにする。但し、交通機関・通信手段の途絶などにより登校できない場合は、安全が確認できるまで登校しなくてよい。

  1. 東海地震注意情報の解除情報が発表された場合は、翌日から再開する。
  2. 警戒宣言発令以後「地震災害に関する警戒解除宣言」が発せられた場合は、翌日から再開する。
  3. 東海地震等大規模地震が起きた場合は、学校から連絡があるまで待機とする。

東海地震等大規模地震発生後は必ず学校へ被災状況等を連絡する。その際は、災害用伝言ダイヤル「171」を使用する。

  1. 災害用伝言ダイヤル「171」の録音方法
     171 → 1  → 自分の電話番号 → 録音
  2. 災害用伝言ダイヤル「171」の再生方法
     171 → 2  → 自分の電話番号 → 再生

生徒の保護等

  1. 警戒宣言が発せられたときは、校長は、教職員(学級担任等)に指示して、生徒を誘導の上、運動場に避難させる。
  2. 教職員(学級担任等)は学級人員を確認し、保護者の引き取りがあったときは、名簿(参考例参照)により確認の上、引き渡す。
  3. 交通機関による通学者及び保護者の引き取りがない生徒は、学校内において保護する。