TOPページ > 星城高校版SGH > SGHグループ別研究と発表

SGHグループ別研究と発表 〜 探究活動の中間発表 〜

星城版SGH(スーパーグローバルハイスクール)探究活動の中間発表

 平成26年12月20日(土)に石田記念館で8グループがパワーポイントを使って発表しました。
 4月からのアジア学講座を終えて、8月からは「持続可能なアジアの発展と日本・日本人としての貢献」という共通テーマのもと、各グループでテーマを決めて探究活動に取り組みました。星城高校版SGH活動のアジア学探究活動の中間発表について報告します。

各グループの発表概要は以下の通りです。

第1グループは星城中学生のグループで、「日本人としてカンボジアにどのような貢献ができるか」について発表しました。パワーポイントの各コマは工夫がよくなされていました。

第2グループは「アジア各地における倫理観と価値観の特徴とその背景」について発表しました。様々なことを通じてアジアの発展に貢献する際に大いに参考になるものです。

第3グループは「アジア各地の環境問題」を扱いました。原生林消失・水問題・砂漠化など様々な問題があることがわかりました。環境先進国である日本の経験を踏まえた貢献の可能性を強調すると、提言としてさらによくなる発表でした。

第4グループは「ミャンマーと日本の関係」を扱いました。ミャンマーの抱えている問題の提示がなされました。今後、日本が何をしたらよいかについてもっと切り込んでいくとよいと思います。

第5グループは「東南アジアの発展のために知っておくべき事柄」についての発表でした。インフラ・教育・医療など、具体的な提案につなげていくことが望まれます。

第6グループは「アジアの人々の日本に対するイメージ」についての発表でした。異文化理解・多文化共生の面で参考になります。課題解決に向けて的を絞って考察していくことが望まれます。

第7グループは「ブータンは本当に幸福な国なのか」というテーマでの発表でした。ブータンの幸福度の変化は興味深いものでした。伝統文化を守るための産業面での提言がありました。論理展開の工夫をすればさらによくなります。

第8グループは「南シナ海と国境問題」というテーマでの発表でした。南沙諸島をめぐる各国の主張を明らかにした上で、国際法による解決案が示されました。調整を得意とする日本の貢献を入れた提言にすればかなりよくなります。

最後に、アドバイザーの近藤敏夫先生(三菱総研客員研究員、元アジア開発銀行エコノミスト)から講評をいただきました。先生からは、(1)発表は提言型であること、(2)結論が一番大事で、結論を導き出すために逆算すること、(3)テーマで聴衆を掴み、結論のパンチで発表も締めしかりと決めるための工夫が必要であること、(4)序論(10%〜20%)、本論(50%)、結論(30%〜40%)の比率、(5)Issue Orientationという言葉を通じて問題発信力の大切さ等についてお話をいただきました。生徒たちは中間発表の内容をさらに発展させるためのヒントをもらい、3月16日(月)の本番に備えて熱心にメモを取るなど、意欲と熱意に溢れている様子でした。今後、発表内容の充実を図り、リハーサルを重ね本番に臨みたいと思います。