TOPページ > 平成27年度 星城SGHアソシエイト活動 > 第2回 星城SGHアソシエイト活動(5/30)

☆ ジェフリー先生のSGH英語講座 ☆

“How to help Nepal.”

I will let the students discuss disasters and express their own ideas about how to prepare and respond to them.

Most of the lesson will be done as group and pair work, using the short articles as a starting point.The instructor’s role will be less as a lecturer and more as a facilitator.

  1. Students will write down words associated with topic,‘disasters,’ and ask partners and group members for additional words. I will elicit samples to right on marker board.
  2. Using the worksheet, student groups will rank on ranking items in terms of usefulness during an emergency. They will need to reach a consensus, then each team will give their ranking to the other groups.
  3. In short discussions, students will ask questions about the usefulness of disaster preparation. They will ask and answer questions about their own family preparations.
  4. Students are given just the headline: ‘Aid struggling to reach Needy in Nepal.’ Using the title alone, they will work in their groups to predict the answers to a series of true or false questions.
  5. Students will understand the article well, asking and answering the questions about the contents. Then, they will talk about their ideas or opinions.


☆ 古藪真紀子先生のSGHアジア学探究講座 ☆

『日本の国際協力と開発プロジェクト』

 前半講義をし、後半はグループで考え、最終的に開発プロジェクトが作れるといいかと思っています。
 アジアの持続可能な発展のために、日本がどのように貢献できるかを考えたとき、「国際協力」や「開発プロジェクト」について知ることは必要不可欠です。そもそも日本はなぜ、開発途上国に支援するのでしょう?国際協力ってなんでしょう?開発プロジェクトってなんでしょう?アジアにおける開発課題を知り、どのような解決策が考えられるか、具体的なプロジェクトの立案を目指します。講座の組立ては、

 1.自己紹介(5分)
 2. アイスブレーキング(チーム作り)(5分)
 3. 「日本の国際協力とは‐JICAの仕事(15分)
 4. 開発プロジェクトって何?(15分)
 5.プロジェクトを作ってみよう!(40分)
 6. おわりに

 前半講義をし、後半はグループで考え、最終的に開発プロジェクトが作れるといいかと思っています。課題を見つけ、それを解決するための解決策をプロジェクトとして、具体的に考えるために必要な、基本的なことを伝えたいと思います。日本の国際協力、JICA,開発支援等のキーワードについてもご紹介します。後半のグループワークに関して、5人くらいのグループを作りたいと思います。