TOPページ > 平成27年度 星城SGHアソシエイト活動 > 第3回 星城SGHアソシエイト活動(6/13)

☆ 星城大学・留学生(ベトナム・中国・モンゴル・韓国)との交流 ☆


“ Promotion of friendship with Asian students”

There are many Asian students studying at Seijoh University. On June 13th, 4 foreign students are supposed to join Seijoh SGH activities.
They are from China, Mongolia, Vietnam, and Korea. They will make a short presentation about their countries.

  1. Asian students’ self-introduction and a short presentation about their countries.
     ◇ 6 minutes x 4 = 24 minutes
  2. Group work: making 4 groups, and self-introduction and questions and answers about the presentation. One Asian will join in every group.
  3. Talking about cultural differences, such as foods, fashions, school life, friends, amusements, families and so on. Asian students will move to a next group so that they can talk with all the students.
  4. 10 minutes x 4 = 40 minutes
  5. During the last 15 minutes, talking about one theme, for example, How to enjoy school life, or Preparation for an entrance examination, and others.


☆ 豊川市・ティビーアール株式会社社長・福井宏海氏のアジア学講座 ☆

『TBR株式会社の技術開発と海外グローバル展開』

◇JICAを窓口としたODA資金援助による企業の海外協力・海外展開

 途上国・民間企業・ODAの Win - Win - Win の関係を目指して、独立行政法人国際協力機構中部国際センター(JICA中部)の海外展開のための委託事業に採択された愛知県豊川市のTBR株式会社は、これまで培ってきた水浄化技術を東南アジアで展開するための事業モデルの確立を目指している。TBR株式会社のこうした海外事業展開への取組を通じて、途上国への支援と海外展開というwin-winの関係を構築する可能性について学び、グローバルな企業マインドを養う。また、上海工場の展開からも学ぶ。
 海外展開をする企業活動を通じて国際協力・国際貢献の意義を学ぶ中で、グローバル・リーダーに必要な資質とは何かを考える。

◇自らの技術と製品を通じて、地球を知り、人類の幸福に貢献したいという「強い思い」

  私たちは伝統的な組紐技術にこだわり続け、現代の産業と社会に貢献できるまでに進化させてきました。
 ◆伝統の再生→開発の魂→人類という視点
 ◆産業と生活と環境のつながり