TOPページ > 平成27年度 星城SGHアソシエイト活動 > 第15回 星城SGHアソシエイト活動(12/5)

☆ ジェフリー先生のSGH英語講座 ☆

“English Manners: How to Be Tactful”

This lecture will address how to be tactful about discussing problems or difficult subjects in order not to be offensive. Although English is a language of direct speech, it is important for students to understand polite ways of talking about difficult matters, including how to say when a product isn’t working, when a hotel room isn’t clean, and how to ask a neighbor to turn down the volume of their music.
The students will be given the opportunity to practice using tactful phrases in small groups after watching instructors perform short illustrative dialogues.

  1. Students will practice different phrases for introducing problems.
  2. Students will watch a short video about tactful ways to make complaints.
  3. In small groups, students will practice making complaints using polite phrases.
  4. Students will observe instructors as they show how to use tactful phrases to avoid giving offense.


SGHアソシエイト・アジア学探究活動

(1) 大テーマ(班別の独自テーマを作成する。論文はA4:5枚以上)

  1. 1班:愛知の企業のグローバル戦略
  2. 2班:アジアの発展と貧困・教育格差
  3. 3班:アジアの発展と貧困・教育格差
  4. 4班:アジアの発展と貧困・教育格差
  5. 5班:アジアの発展と貧困・教育格差
  6. 6班:地元に学ぶ多文化共生社会
  7. 7班:愛知の企業のグローバル戦略
  8. 8班:愛知の企業のグローバル戦略
  9. 中学生2グループ:アジアの発展と貧困・教育格差

(2) アジア学探究活動・班別「独自テーマの論文」の作成上の留意事項

  1. ファイル名 ○○班論文原稿H280114(作成日)
  2. 論文はワード A4 40字×40行(文字数1600字以上)、5枚以上とし、表・グラフ・写真は文字数にはカウントしません。
  3. 論文には表やグラフや写真(出典明示)等を入れ、客観的妥当性を持たせる。
  4. 論文の作成に当たっては仮説を立て、担当の先生の指導を必ず受けること。
  5. 論文にはフィールドワーク(現地踏査)を盛り込み、課題解決への提言とする。
  6. 論文が出来てからパワーポイントを作成する。