学校行事, 生徒会, ダンス部, 軽音楽部

 昨日の校内文化祭に引き続きまして、今日は刈谷市総合文化センターにて校外文化祭を執り行いました。
 軽音楽部の発表から始まり、音楽コンクール優勝クラスである、1ー9組の合唱、生徒会企画のミニコント、ダンス部の発表など、文化祭ならではの盛りだくさんな内容で、みんなの心も盛り上がっておりました。

 そして、ゲストによるスペシャルライブですが、今年はwacciの皆さんがliveを披露してくださいました。

 「最上級」から始まり、立て続けに「大丈夫」を披露、三曲目には「男友達」を演奏して、星城生独特のノリを生み出し、笑顔で溢れる空間となりました。
 「別の人の彼女になったよ」では、しっとりと涙を誘い、生徒の心も掴まれていました。そして、青春の切なさを感じさせる「空に笑えば」から、MCにてほっこりするひとときがありました。

 終盤は「リスタート」「僕らの日々」と立て続けに疾走感のあるナンバーを奏で、「宝物」では皆で歌い、温かい空気に包まれました。
 アンコールにも答えてくださり、それぞれの過去を語ったMCから突如として生まれた「ラーメン一丁」も披露してくださり、会場の一体感がより強まりました。

 最後は「感情」で締めくくられ、終演後には感謝の気持ちを込めて花束の贈呈を行い、校外文化祭は幕を降ろされました。

 思い出に残る文化祭となりました。引き続き、来月に残る体育祭を成功させ、良き学園祭となるよう、がんばっていきましょう。