国際交流

今日がFCA最後の登校日です。「やっと英語に耳が慣れてきて、コミュニケーションがとれてきたのに。」という声を多くの生徒から聞きました。
台風で滞在期間が1日短くなりましたが、生徒たちはアメリカ生活で多くの経験を得ることができました。この経験を生かして、学校生活や進路、その先のことへ繋げてほしいです。
私たちを快く迎えていただいた、Rumbaugh校長先生、Karen先生、Jasonさん、ホストファミリー、バディ、FCAの生徒のみなさん、本当にありがとうございました。

これで最後のレポートです。
まずはスクールライフレポートです。
S.N
最初にFCAに来て授業を受けたとき、この学校での授業の自由さとそのスタイルに驚かされました。特に、歴史やエンジニアリング授業では、教師が前で説明するのではなく、自学自習のような形で問題を解いていていて、日本とアメリカの違いがとても出ていました。
もう少しで帰国しなければいけないのでバディやホストファミリー、学校の人たちとたくさん会話しようと思います。

ホストファミリーのレポートです。
R.Y
自分のホストファミリーは子どもがたくさんいて、とても明るく、面白い家庭です。ホストマザーは自分たちにとても気を使ってくれたり、ずっと笑顔で接してくれてとても住みやすくていいファミリーです。
ホストの子どもたちとバスケをしたり、プールに行ったり、犬を追いかけて遊んだりして日本に帰りたくないほど充実できています。残りの日々をもっと楽しく過ごしたいです。
A.K
私のホストファミリーはとても優しくあたたかいです。学校終わりにボーリングに連れて行ってくれたり、夜にプールに連れて行ってくれたり。朝ごはんのメニューは何がいいか聞いてくれたり気遣ってくれて最初は緊張していましたが、すぐ打ち解けることができました。

国際交流

生徒のスクールライフレポートです。
Y.S
バディは、友達が多く、多くの人から好かれています。ハイタッチやハグなどのコミュニケーションがアメリカでは普通です。
学校はとにかく大きく、生徒数や教室も多く、生徒自身が受ける科目を決めているので、バディごとに受ける教材が違います。
授業中は、立ったり、飲み物を飲んだりするのは自由で、授業によっては、音楽を聴きながら受けることもあります。授業の途中でもチャイムが鳴ったら、強制的に終了します。
K.O
今回、僕は初めて日本を出て「アメリカ」という場所に行きました。僕は割と英語は好きな方でした。しかし、それはテストの点が取れるからでした。アメリカに降りたって完全に英語の世界になってコミュニケーションが取れなくて自分の未熟さを知りました。リスニングテストのようにゆっくり話してはくれなく、全くと言ってはいいほど聞き取れませんでした。それにびっくりして僕から何かを伝えるのが難しかったです。でも黙っていたらやがて相手にされなくなります。だからちゃんとした文だけじゃなくても単語をつなげただけのコミュニケーションをとろうと努力しました。そうしたら生活が楽しくなりました。
日本とは全く違う文化で生活が違うけれど、今回の留学に参加できて本当に良かったと思います。

ホストファミリーのレポートです。
K.T
僕のホストファミリーは温かくてほっこりした家族です。
ホストマザーはよく笑顔で話しかけてくれる明るい人です。ホストファザーはご飯を作ってくれたり、言葉が通じない時翻訳アプリを使ってくれるとても親切な人です。
お爺さんは家の帰るといつもただいまと言ってくれる優しい人です。
7歳の女の子は毎朝「おはよう。元気?」と話しかけてくれます。6歳の男の子のブライアンは少しやんちゃでよく遊んでくれます。2人ともとても可愛くて、毎日元気をもらっています。この家族と過ごせた時間は大切な忘れたくない思い出です。本当に感謝しています。
K.Y
アメリカに到着してから1週間が過ぎ英語にも少しずつ耳が慣れてきました。ホストファミリーのみなさんはとても優しく、英語が苦手な僕にもわかりやすく笑顔で会話してくれるので、毎日がすごく楽しいです。残り少ない留学期間をより楽しく過ごしたいです。

国際交流

FCA6日目です。教室で授業を受けるだけではなく、アトリウムの広い場所で話し合いながら授業をすることもあります。アメリカの授業形態にも慣れてきた様子です。

スクールライフレポートの続きです。
S.I
授業は7時45分から始まり、14時25分に終わります。多くの授業でコンピュータを使い、ほとんどがグループ学習でとても楽しそうな様子でした。
勉強内容に世界宗教という科目がありました。日本では、このような授業になると過去の出来事について細かく学びますが、アメリカの場合は「このことについて自分はどう思うか」というテーマで学びます。また心理学という科目もあります。
授業は深く理解できませんが、生徒のコミュニケーションをとても楽しむことができ、アメリカという国を知ることができます。

Y.K
アメリカの学校は教師が中心に進める日本の授業とは違い生徒たちが中心となり、教師に配られた問題を教科書やインターネットを使用して自分たちで理解していくもので、基本的に教師は授業に口出しせず質問があれば説明するというものでした。また、私たちがタブレットを持っているのと同じように生徒はノートパソコンを持っていてそれを使用して授業に参加していました。
そして日本の学校と大きく異なるのは時間割が 毎日1年間ずっと同じという点です。
学校の雰囲気はとても良く、明るい生徒ばかりで、最初は不安でしたが、バディがすごく親切に、フレンドリーに接してくれたのでうまく馴染めました。それに教師と生徒の仲がすごくいいのも魅力的でした。学校に来るのはあと数日ですが、もっとたくさんの人と話したいです。

続いてはホストファミリーのレポートです。
A.S
僕のホストファミリーはとても優しく、フレンドリーな人達です。例えば、ホストファザーは学校の先生なのでが、僕の調子が悪かったときにはAre you OK? と聞いてくれたり、学校から帰るときには、Are you hungry?てYes!!と答えるとチーズバーガー2個とコーラを買ってくれました。映画を見るときには、見るものを選ばせてくれて、スパイダーマンを選んだら、その翌日学校から帰ってくるとスパイダーマングッズをくれました。僕からも桜の絵が入った扇子をプレゼントしました。すると桜は好きだと言って喜んでくれました。
残りのアメリカ生活でも、ホストファミリーとの思い出を作っていきたいと思います。

K.H
僕のホストファミリーは、3人の兄弟がいます。一番上の長男は、バスケがとても上手です。長女は、ソフトボールが上手く最優秀選手賞を受賞しています。次男はとてもフレンドリーです。いつも笑っていて一緒にいて楽しいです。ホストマザーは、料理がとても上手で、美味しいです。いつもその場を盛り上げてくれます。ホストファザーは、放課後トレーニングルームで筋トレをしています。周りに気配りをいつもしていて、頼り甲斐がありますし、面白いです。

遅れましたが1つ目標を達成しました!

国際交流

本日は日曜!こちらでは日曜日がChurchへ行く日と決まっています。水曜日のホールより一回り大きい約3000席あるホールで今日は行いました。午前中ということもあり小さい子どもからお年寄り、多くの家族が参加してほぼ満席です。Churchで地元の人たちが交流する姿を見ると、どの人もすごく楽しそうにしているのが印象的でした。

午後からはアウトレットモールへ!!服や靴、チョコレートなどみんなお目当てのものが買えたようです!

今日でJasonとはお別れです。休日に色々な場所に連れて行ってくれて、本当にありがとうございました。

明日からはスクールライフに戻ります。しかし、残り2日しかありません。スクールライフでやり残したことがないようにすることと、また、ホストファミリー、バディと残りの時間を楽しく過ごして日本に帰国して欲しいです。

国際交流

今日は待ちに待ったディズニーワールド!!
朝バスに乗るとカレン先生からは「スペースマウンテンがおすすめだから乗ってね!」など色々とアドバイスを受けました。
FCAから約30分の場所にフロリダのディズニーワールドがあります。総面積は東京ディズニーリゾートの110倍、山手線の内側の1.5倍あるそうです。大きく4つのテーマパークに別れていて今日はその中のMagic Kingdom Parkに行きました。
まずはシンデレラ城の前で集合写真です。そして自由行動になるとあっという間に居なくなってしまいました。

広いパーク内でも何人かの生徒と遭遇すると「何か乗りましたか?私は・・・」とても満足な顔をしていました。

夜は花火とシンデレラ城に映されるプロジェクトマッピングに感動し、最後の買い物を終え、今日一日を終えました。今日はぐっすりと眠れるでしょう。

国際交流

FCA5日目です。こちらは金曜日で、今日は少し時間割が異なります。2時間目が終わるといつもはスナックタイムで休み時間が長いですが、今日は生徒全員がchapelへ行きます。全員でお祈りをするのかと思いきや、生徒が壇上に上がり、ゲームをしたり、牧師さんが話すのかなと思ったら15名ぐらいのグループになりどこかへ移動し始めました。

ついていくと小さな部屋に入りました。どうやら牧師さんとの交流の時間のようです。自己紹介をして、スポーツの話題になったので最後はバスケットコートへ。そこで生徒たちがバスケをして、楽しい時間を過ごしました。

生徒たちのスクールライフレポートです。
K.K
全く文化が違って驚きました。日本では決められた授業を同じクラスメイトと受けるのに対して、アメリカでは自分が受ける教科を決めているので、毎時間違う人と授業を受けます。あとは、日本では授業中に席を離れることは急を用する時だけですが、アメリカではトイレに行ったり、親から電話がきたと言って外に出たりと席を離れることが多々あります。このような違いから、日本は規則が決められていて、逆にアメリカは自由だと感じました。

続いてホストファミリーのレポートです。
R.H
ホストファザーは毎日学校が終わったあと、ジムに行って生徒を教えています。家に着いて2時間過ごすと夜ごはんをホストマザーが作ってくれるのでそれを食べます。食事は毎回バイキングみたいに1つの皿によそう形で食べます。特にサラダがおいしくて好きです。食事を食べたあとはホストファミリーの子どものイーサンとバスケットボールやテレビゲームをしました。とても楽しかったです。
昨日は家族でショッピングに行きました。コストコのような広いショッピングセンターをイーサンが案内してくれので助かりました。イーサンが「アメリカでは来たら必ずテレビを買うよ」というアメリカンジョークを言っていました。

国際交流

スクールライフレポートの続きです。
R.I
日本の学校とは全然違いました。始まりも終了もすべて早く、休憩は5分しかないので教室の移動で時間はほぼないに等しいです。
授業は日本と違ってとても賑やかでした。生徒と教師が同じ目線でした。授業中に水分補給しても良かったり、一人一台パソコンを持っていてそれで授業を受けていた。とても効率的ですごく良かったと思いました。日本もこうなればいいなと思いました。

K.S
学校での生活はバディと組んでその子と共にしています。星城高校では1日ごとに時間割が変わりますが、ここではどの曜日も時間割が同じです。
授業で先生が話している英語はとても難しく、理解に苦しんでいます。それでも知っている文や単語を使ってバディの子と話しているうちに耳も慣れてきました。そして何より少しずつ自信がついてきました。この学校生活を通じて、もっと多くを学べるように、積極的に英語に関わっていきたいです。

続いてホストファミリーのレポートです。
K.A
待ちに待ったホームステイが始まりました。ホストファミリーはとても優しく迎えてくれました。NASAやUniversal Studiosでの面白かったことなどを話して一緒に笑ったり、とても楽しい日々を過ごしています。あと少しですが、もっとホストファミリーや学校でできた友達との仲を深めていきたいです。

国際交流

FCA4日目です。今日はFCAの生徒たちがテストのため、UCF(University of Central Florida)に訪問しました。案内をしてくれたのは、FCAのRumbaugh校長先生の長男でこの大学に在籍している Micah さんです。昨年度も星城高校の生徒を案内してくれました。
Micah さんによると「在籍数は約17000人で、小さな町です。」だそうで、とにかく広いのでまずバスで一周しながら説明を受けました。講義を受ける建物、コンピュータテクノロジーや情報工学などの実験棟はもちろんのこと、プロの試合でも使うような大きな体育館、baseball park、football stadiumなどがありました。学生寮もホテルのように大きく、大きなショッピングセンター並みの立体駐車場や平面駐車場があるのにも驚きました。
バスを降りて実際の講義室や施設を簡単に説明してもらい、最後はDunkin’Donutsでおやつを買って見学ツアーが終わりました。Micah さんありがとうございました!
午後からは授業に参加しました。

本日のスクールライフレポートです。
R.I
授業が全て英語なので、最初はついておきのが大変でした。ですが、バディが内容を翻訳してくれたり、一緒に考えてくれるので、今はとても学校が楽しいです。

ホストファミリーについてのレポートです。
Y.O
僕のホストファミリーの家族構成はお父さん、お母さん、お爺さんと女の子と男の子の5人です。
お父さんは学校の先生で、聖書の授業を担当している先生で、学校でもお世話になりました。お母さんも先生だそうです。子どもたちはよく喧嘩をしていますが、とても仲良しです。まるでトムとジェリーの関係みたいです。残り数日間も楽しもうと思います。

国際交流

スクールライフレポートの続きです!
K.E
初めは上手く会話できるか不安だったけれども、バディの子がたくさん話しかけてくれたり、すれ違ったときに挨拶をしてくれたり、日本語で話しかけてくれる子もいて、嬉しかったです。
授業のスタイルは全然日本と違っていることばかりでした。授業を立って受けている人、座っている人様々でした。わからないことや質問、解答する時は積極的に手を挙げていてすごいと思いました。授業内容は、日本と少し似ている教科もありました。一緒に問題を解いたり、身振り手振りで教えてくれたりして、とても楽しかったです。あと少ししか学校はないけれど、残りの時間を大切にして、より多くのことを学んで帰れるようにしたいです。

続いてホストファミリーのレポートです!
R.A
ホストファザーとホストマザーには本当にお世話になっています。
毎日朝食と夕食を作ったり、学校への送り迎えをしてくれています。そのおかげで楽しく過ごすことができています。
ホストの人たちには心の底から感謝しています。
Y.K
僕のホストファミリーは、とても明るく優しいです。
僕のホストマザーは、歯医者で働いています。そして、ホストファザーは、運送会社に勤めています。
ペット(犬)のプリンセスちゃんがいます。プリンセスちゃんは12歳で、とても元気でとても可愛いです!
ホームステイは始まったばかり、これからもっとコミュニケーションと思い出を、作っていきたいです‼︎

今日の夜はホストファミリーとFCAにあるchurchへ行きました!イメージは静かに礼拝を行うイメージでしたが、バンドの演奏があり、牧師さんもテレビのコメンテーターのようにお話しをされていて驚きました。周りを見るとティーンエイジャーや小学生ぐらいの子供たち、その両親と比較的年齢が低い人たちが集まるので明るい感じなのかなと思いました。
礼拝後子供たちバスケをしたり、ビリヤードをしたり、アイスを食べたり、大人たとたちは友達と仲良く過ごしていました。私たちは数名の生徒でテーブルフットボールをしました。初めてやったので悪戦苦闘、結果女の子チームの勝利です!

国際交流

FCAでのスクールライフ3日目です。
今日はランチタイムの様子を少し紹介します。

食堂に行き、トレイにその日のメニューを配ってもらう形式です。パスタ、パン、ライスなどの主食、チキンラザニアなどのおかずとサラダやフルーツなどがありました。飲み物は水やミルク、チョコレートミルクから選べます。生徒たちはバディやバディの友だちと一緒に食堂やアトリウムで食事をしています!

今日のスクールライフレポートです。
S.T
FCAでは日本と違い、朝の7時45分から授業が始まります。2 限が終わったあとに20分のスナックタイムがあり、その後3時間、ランチタイムの後に2時間なのであっという間に一日が終わります。英語に世界の宗教、数学、物理など日本と同じ様な授業をしますが、生徒は皆パソコンを使って意見を言い合います。日本とは違った授業形式でとても新鮮です!
ランチタイムではケサディーヤやラザニアなど日本では食べることがあまりないので珍しく、とても美味しかったです!
FCAでは先生でなく生徒が教室を移動するので大変ですが、早く慣れるようにして、英語も聞き取れてスムーズに授業が受けられるよう残りの日数も過ごしていきたいです!

Y.M
生活は初日よりもだいぶ慣れ、バディともたくさん話せるようになりました。
数学の授業内容は日本の高校1年生と同じ内容でした。ほかの生物や聖書、歴史の授業などは何をやっているか全き分かりませんでした。しかし、初日の生物の時間にマフィンで解剖の練習をしてみんなで楽しく食べたのはとても印象に残っています。
授業の様子はとても賑やかで、みんなとても楽しそうに受けています。2時間目の後のおやつタイムや廊下ですれ違う時は男女問わず楽しそうに話していました。
私のバディはとても優しくてかわいいです。たくさん話しかけてくれたり、友達の紹介などしてくれました。残りの時間も楽しみたいです。

続いてホストファミリーのレポートです。
S.K
私のホストファミリーについて紹介します。
ホストマザーは理科の先生です。とても優しくて、出かける時には、いつもフルーツやスナックを持たせてくれます。私たちが聞き取れなかったり、分からなかったら何度もわかりやすいように言い換えてくれます。プレゼントを渡した時も、とっても可愛いいリアクションをしくれました。ピアノを弾いた時は、歌を歌ってれました。
ホストファザーは中国人の生徒にオンラインで英会話を教えています。チキンが大好きで、時々冗談も言います。
16歳の娘がいて、学校へは自分で車を運転して登校します。インスタグラムが大好きで、ヒップホップダンスやバレエ、ピアノをしています。とても真面目で家に帰るとご飯を食べて、すぐに宿題をしています。お兄ちゃんもいてとても優しいです。
ホストファミリーはとっても優しくて、すごく楽しく過ごしています!