国際交流

ファイル 4445-1.jpgファイル 4445-2.jpg

 放課後は、Martin先生の案内で野生のコアラの生息地へ連れて行ってもらいました…→
ファイル 4445-3.jpg ファイル 4445-4.jpg

 授業は3時過ぎに終了する点では、星城生活と同じ感じがしますが、ところがそこからが長いのですね。日没が遅くて、8時近くになってもまだ明るい感じなのです。授業が3時過ぎに終了すると、生徒の皆さんはとっととご帰宅します。部活動のような課外活動もありますが種類も活動人数も少ないですね。
ファイル 4445-6.jpg
 ロビーに置いてあった卓球台でかってに「卓球部活動」に興じていたら、Martein先生が飛び入り参加で加わっていました。そんな活動を通じて成長が認められてきたTeam Seikanです。

 職員の方々もさっさと勤務解除のようです。そんなオーストラリアの放課後の様子をまとめようと思っています。

 →…Martin先生と丹下さんと伊藤さんとで行った先はなんと「野生のコアラ生息地」なのでした。到着した森は、コアラの主食となっているユーカリの原生林でした。観察学習用?でしょうか。展望台もあって目線を高くしてコアラの観察ができるようになっています。

 残念ながら今日のコアラさんは休日のようでした。

ファイル 4445-5.jpg 
代わって出会ったのは、インドの僧侶さんたちのグループでした。昨年神奈川県に訪問なされていたとのことでえらく話が盛り上がりました。見た目は矍鑠(かくしゃく)とした、いかにも格の高い僧侶のようでしたが、話してみると普通のOZISANでした。本当にinternationalです。交流の幅が広いです。

 明日の午前中は近くにあるフェデレーション大学へ訪問予定です。

国際交流

ファイル 4444-1.jpgファイル 4444-2.jpgファイル 4444-3.jpgファイル 4444-4.jpgファイル 4444-5.jpgファイル 4444-6.jpgファイル 4444-7.jpgファイル 4444-8.jpg

 お昼には三々五々でしたがバディーさんたちが来てくれました。

 皆さん選りすぐりの人格の備わった高1・高2の生徒さんたちのようです。

国際交流

ファイル 4443-1.jpgファイル 4443-2.jpgファイル 4443-3.jpgファイル 4443-4.jpgファイル 4443-5.jpg

 ミッションが始まりました。いきなり英語ONLYアンジー先生のパフォーマンスで始まりました。

 ジェシー先生は英語ばかりで説明され、英語ばかりで質問され、英語ばかりでミッションが提示され、英語ばかりで注意が下ります。流石に私も耳が慣れてきました、と云うと良い感じがします。しかし実情は8割方が、「概ねわかったように振る舞うことに、長けてきた」のですね。
 
 隣のクラスでは、中国語の授業が行われており、授業中にもかかわらずオーストラリアの生徒から中国語で挨拶を求められ、頭の中は、日本語と英語と中国語がごちゃ混ぜになって、錯綜してしまいます。

 授業形態は、大学のゼミと同じ感じがします。10名~15名ほどの生徒がそのクラスで行われる講座に集合してきます。クラスという単位は無い感じです。

 授業時間は次のようになっています。
1時間目 9:00~
2時間目 10:00~
軽いランチ:11:00~早弁時間です(笑)
3時間目 11:30~
4時間目 12:30~
ランチ  13:30~
5時間目 14:15~

 今日の内容は、繰り返しになりますが、1時間目は英語ばかりの自己紹介がありました。ことのほか緊張していたようです。でもやっていることは、氏名の確認、家族構成、好きな色、学校生活の様子などを英語で受け答えします。

 2時間目は3~4時間目のための質問が提示されました。特に3~4時間目にはアクティブな授業内容でした。近くのスーパーーマーケットに徒歩で行き、日本にない果物や野菜を見つける。ポテトは一袋いくらなのかなど。事前に質問事項を提示しておき、調査する形でのスーパーマーケット参上です。

《このマウントクリアというところはとても良いです。「引率」という責任ある立場では、第1に「安全管理・健康管理」を優先します。しかしここの気候は暖かく、上着がなくてちょうど良い感じです。風邪などにかかる要素がありません。花粉症などありません。そしてドライバーのマナーがとてもよいです。治安が良いと伺いました。自己管理さえきちんとしていたならば安心してホームステイ家族やバディーに任せられるようです》

 ランチはすべての家庭で手作りの「お弁当ランチ」を持たせてくれています。だいたいパン(サンドイッチ)が主です。あれがいいとか、これが食べたいとか言えるのですが、お世話になっている以上あまりわがままは言えません。私も謙虚に言いなりです。

 お昼休みにはバディーとなってくれる生徒さんと遭い、午後は1時間だけ、その授業に参加しました。

 明日午前中はバディーと授業に参加します。午後は近くのフェデレーション大学へ行ってプレオーストラリアキャンパスライフというところでしょうかね。

国際交流

ファイル 4442-1.jpg

いち早く報告のあった、渡邊大樹君の部屋でおどけた写真です。渡辺君と鈴木笙太くんはペアでホームステイ先が同じです。鈴木君が渡辺君を撮影しました。広いご家庭で、ペット動物もたくさんいてみんないい人です、と楽しそうな報告です。

ファイル 4442-2.jpg
丹下さんと伊藤さんの報告写真です。バララット校の教員方にホームステイです。安心ですね。

ファイル 4442-3.jpg
酒井君と大塚君のフレンドリーな写真ですね。
「とても広い家でたくさんの動物や植物があります。マーグさんは優しく接してくれてとても話しやすいです」とのことです。

ファイル 4442-4.jpg
音部ゆのさんと吉川さんのホームステイでの写真です。「プレゼントを渡したらすごく喜んでくれました!マシンガントークから始まり、とても焦りましたがなんとか答えることができました!とてもいい人で良かったです。」この家庭も教員宅のようです。

ファイル 4442-5.jpg
料理の写真は、柴田さんからです。ホームステイ先には中国からの留学生がいらっしゃるようで「中国人の女の子がいて料理が大好きで作ってくれました。フレンドリーでたくさん喋りかけてくれて、緊張も解けてきました。」

音部かのさんからは、「家族との写真は全員そろっていないため撮影しませんでした。しかし皆さんすっごく優しくて楽しいです!!もっと積極的に話していこうと思います。」

石川さんからは、「フレンドリーに話しかけてくださって感謝しています。自宅への途中、とても良い景色が見える展望台や、お姉さんの家に連れて行ってもらいました!」

升倉くんは、自宅への途中にスイミングの大会に寄ったようです。升倉くんは宮崎くんと一緒の家庭のようです。

みなさんよい家庭に恵まれたようでよかったですね。明日からの研修が楽しみです。どんどんスキルを伸ばしましょう。

国際交流

 やっとオーストラリアに到着しました。やっとです。みんなお疲れのようです。

 メルボルンの空港に着陸し、現地KNT様の出迎えをいただき、ランチまで市内観光です。イギリスから運ばれたクック船長の記念館や88階建てのタワーに昇ってメルボルン市内を鳥瞰から観察(観光)しました。大都会です。
ファイル 4441-4.jpg ファイル 4441-1.jpg ファイル 4441-3.jpg ファイル 4441-2.jpg
 先日、テニスの大坂なおみさんが優勝した全豪オープンの会場やサッカーの本田圭佑(メルボルン・ビクトリーFC所属)選手のホームスタジアムが写真後方に見えています。
ファイル 4441-5.jpg ファイル 4441-6.jpg  

 午後はいよいよ本番突入。ちょうど授業終了と同時にマウントクリア高校へお邪魔し、ランゲージセンター(多言語センター)に通され、お世話になるホームステイの方々にお目にかかることができました。案内していただいたKNTの吉田さんもハワイでホームステイ経験のある大先輩で、経験談からの的確なアドバイスまでいただくことができて私の出番は必要ないほどでした。ランゲージセンターには「おひな様」も並んで出迎えてくれました。
ファイル 4441-7.jpg ファイル 4441-8.jpg

 ホームステイ先の様子が届くようになりましたので、徐々に披露したいと思います。

国際交流

ファイル 4438-1.jpgファイル 4438-2.jpgファイル 4438-3.jpgファイル 4438-4.jpg

 オーストラリア・メルボルン空港に向かう途中、シンガポール チャンギ空港での乗り換え待ちです。

 乗り換えといっても5時間ほどあります。

 *日本時間との時間差が1時間プラスのようです。

 今日は天候に恵まれ、とても安定した静かなフライトでした。とはいえシンガポールまでは約6時間あまりを要し、さすがに疲れました。そう考えると、このシンガポールでの休憩は必要な感じです。チャンギ空港はとても広く、セントレアが4つほどあわさった感じです。幸い人が少なく、ゆったりとしており、遠くまで見渡すことができます。次の集合にも安心しています。
ファイル 4438-5.jpg
SEIKAN趣味のコーナー:空港内にあるアゲハチョウの放し飼いエリアへ行ってみました。

 メルボルンまでのフライトはこのあと9時頃。飛行機内ではディナーから朝食と2回の食事の用意があるようです。メルボルンには明日朝8時頃到着のようです。

 次の報告は明日お昼頃でしょうか?どうぞお楽しみに!

 

国際交流

全9回の学習会を終え、いよいよオーストラリア短期留学に出発です。

この短期留学に参加する生徒たちの表情は、これまでになく生き生きとしています。

最初に、春木教頭よりご挨拶。勇気を出して大きな声で、コミュニケーションを楽しんで!と激励の言葉を頂きました。出発前の最後の打ち合わせを行い、いざ出陣!
ファイル 4437-1.jpgファイル 4437-2.jpg

充実した2週間を過ごしてください!
ファイル 4437-3.jpgファイル 4437-4.jpg
今後は、現地からの報告をお届けします。

国際交流

ファイル 4434-1.jpg

 明日からオーストラリアへの短期留学に出発します。オーストラリアへの短期留学は春休みを利用した約2週間で、31日に帰国するプランです。

 出発前日となる今日、参加者に留学への目的と意気込みを述べてもらいました。

1年生 宮崎一輝
 より多く会話をして、スピーキング能力の向上とオーストラリアの文化を感じたいです。
自分のベストを尽くせるように頑張ります。

1年生 音部ゆの
 昨年のオーストラリア語学研修で行ったマウントクリア校に再度伺う意義は、一度行った場所なので安心して研修を受けられるというメリットがあると思います。そのときの友達にも、初めて会う方でも積極的にコミュニケーションをとり英語のスキルを向上したいと思います。

1年生 棚橋里衣
 積極的にホストファミリーに話しかけて、今より英会話が上手くできるようになりたいと思います。そしてオーストラリアと日本の文化の違いを学びたいと思います。

1年生 音部かの
 昨年の語学研修では勇気が出せず積極的に話すことができませんでした。その反省を元に、失敗してもいいから自分が納得いくよう積極的に話しかけ、友達を沢山作ってより良い2週間にできるようにしたいです。

1年生 渡邊大樹
 8月のアメリカ短期留学では日本との違いにばかり目がいってしまったと反省しています。オーストラリア短期留学では自分から日本のことを話したり、オーストラリアのことについて聞いてみたりするようにします。

1年生 吉川 雅
 前回の留学で日本の文化を伝えようと思い、日本に関わるものをたくさん持っていきました。しかし、うまく説明ができずホストファミリーを困らせてしまいました。今回こそ改善しホストファミリーに日本の文化を伝えたり、たくさん積極的に話しかけたいです。

2年生 鈴木笙太
 現地の友達をいっぱい作って帰国後もメールなどのやりとりをして、英会話能力を上げます。 何か収穫があるような留学になるように頑張ります。

2年生 高須みな
 オーストラリアまでの残り少ない時間を有効に使い、少しでも多くの人とコミュニケーションが取れるよう事前勉強に励んできました。英語のレベルアップに繋がる留学になるよう、オーストラリアの文化や言語を学び将来の夢に近づけるように頑張ります。

2年生 伊藤綾里
 オーストラリアでの留学経験が自分の将来に役立つものにしたいです。約2週間という短い期間ではありますが多くのこと学びを吸収出来るように頑張ります。

2年生 石川美尋
 自分から積極的にホストファミリーの方などに話しかけに行き、オーストラリアと日本の文化や習慣の違いに直接触れて、色々なことを学んできたいです。英語のレベルアップを目指して2週間を充実したものにしたいです。

2年生 柴田実優
 ホストファミリーと仲良くなり、バディーとも仲良くなり、海外の友人をたくさん作りたいです。また、積極的に会話をし、コミュニケーション能力を向上させ、自分の将来の夢に1歩近づきたいです。

2年生 丹下由梨
 昨年の交換留学を通して学んだことや反省点をこのオーストラリア短期留学で改善し活かし、さらに新たなことにチャレンジしていきたいです。そしてホストファミリーを始め、バディや多くの方々との交流を大切にし、13日間で少しでも成長して帰国できるようにしたいです。日本では感じられない風景や文化、オーストラリアで実際に肌で感じ色々なことに直面して、さらに自分のスキルアップに繋げていきたいです。

2年生 酒井駿輔
 初めて留学に行きますが緊張に負けないで積極的に話しかられるよう頑張ります。ホストファミリーと笑いあえる関係になりたいです。

2年生 大塚竜生
 今回が初めての留学でとても緊張しますがそれに負けないぐらいの勇気を持って積極的にホストファミリーと話して仲良くなると同時に、日本の文化をしっかり伝えていけるように頑張りたいです。

*学年は平成30年度用で表示

国際交流

ファイル 4432-1.jpgファイル 4432-2.jpg

 短期留学に向けての学習会も、今回が最終日となりました。オーストラリア短期留学2019での大きなミッションはふたつ。

 ひとつは、日本と星城高校の紹介をするプレゼンテーションを、現地で発表し、伝えること。もうひとつは、書道をはじめとして様々な文化コミュニケーションを行うこと。そのために、学習会を通じて準備をしました。

 今年の短期留学団は、3月29日(金)に行われるカルチャーディに参加し、日本ブースを設けて、交流を行います。

 もちろん、訪問するマウント・クリア・カレッジでの授業、ホームステイや、バディを初めとした友人たちとの関係構築も大切です。

 いよいよ出発は3日後です。どきどきしながら、わくわくしています。

国際交流

オーストラリア短期留学出発まで、あと一週間と迫ってきました。荷物の準備も進んでいる頃でしょうか!?

さて、事前学習会も本日で8回目を迎えました。今日は約3時間の格闘の末、現地で発表するプレゼンテーションがほぼ完成しました。
ファイル 4427-1.jpgファイル 4427-2.jpg

あとは、みんなの頑張り次第です。何も見ずに発表できるか、見ている人に伝わるのか・・・、ドキドキです。

長時間にわたりご指導いただいたスベトラ先生に、感謝ですね。
オーストラリア短期留学に向けた学習会も、残すところ1回のみです。