学校行事,SGH/SGL活動

本日のSGL活動では、次回の6/5に行われるカンボジアオンライン講義に先駆けて、ガンボジアについて事前学習を行いました。カンボジアの現状を知り、何を解決するか、どのように支援を行うか、その結果どのようなことが期待できるか、各班で意見交換を行いまとめていきました。地雷や教育、貧困など、いまだに多くの問題が残っているカンボジアについて考えるのは難しかったようですが、それでも活発にアイデアを出してくれました。クラス全体での発表にも、工夫が見られました。1年生も様になってきました。後半は、1年生は「花溢れる街づくりProject」について、2年生は啓発物作成について、3年生は探究のまとめ作文についての導入を行いました。

1年生の教室へ2年生の生徒が「花溢れる街づくりProject」の引継ぎを行ってくれました。なぜ地域の方と協力して花壇を作り花を植えるのか、どのように実施までの計画をしたのか、当日の様子など、写真やスライドを準備してくれ、情熱をこめて引継ぎを行ってくれました。1年生は先輩の思いを引き継いで、さらに独自性のあふれる素晴らしい花壇を地域の方と連携して作ってくださいね。

2年生は、昨年度交流した地域団体の方が抱える課題や地域の課題の解決に向け、啓発物の作成について考え始めました。本日、本来であればコンソーシアムの方々をお招きし地域の現状や課題をお聞きするはずでした。しかし、このコロナ禍ではそういったことも儘なりません。そこで気がついたことは、私たちのみならず地域の方々も不自由な生活を強いられているはず。どのような課題に取り組むべきか、真剣な議論を行いました。

3年生は、「グローバル探求のまとめ」作文に着手しました。初回である今回は、SGL活動(地域との協働による高等学校教育改革推進事業グローカル型)とは何か、改めて振り返り、生徒それぞれ100字程度にまとめました。書き言葉で表現する際の基本的な言葉遣いに気を付けながら作文し、できた文章を班内でお互いに読み合い添削を入れ合いました。文章を書くときに、客観的な視点がないまま作文をしてしまう傾向があったので、次回の作文の際はここに十分留意して作文していきたいですね。

学校行事

4月30日に校内で球技大会をおこないました。サッカー、バスケットボール、バレーボール、卓球に分かれてコロナ禍のストレスを思いっきり発散することができました。天候にも恵まれて、勝ったチームも負けたチームもフェアプレーで晴れやかな表情がとても印象的でした。

学校行事

4月28日にオリエンテーション活動でラグーナ蒲郡へ行ってきました。新しいクラスの仲間と一緒にバーベキューやカヌー、ジェットコースターなど楽し時間を過ごして親睦を深めることができました。かけがえのない青春の1ページとして心に残ることでしょう。もちろんコロナ対策にも十分注意して安全にも配慮することができました。

学校行事,学校生活

 3年生が星城大学でプレキャンパスライフを体験しました。

プレキャンパスライフという行事は、大学生活を体験して大学への進路意識を高めようとする企画です。

 大学の経営学部とリハビリテーション学部では、どのようなことを学ぶのかをテーマに、学部紹介、模擬講義、入試説明を受けました。また、食堂やキャンパスで大学での学生生活を少しだけでしたが楽しく過ごさせていただきました。大学という環境を知る一助となった体験であったように思います。

 星城大学の教職員関係のみなさんや、今日のために休日返上で集まっていただいたスタッフの皆さんの説明はわかりやすく、とても親切に接していただきました。本当にありがとうございました。

学校行事

 今日は1年生と3年生が球技大会でクラスの親睦をはかりました。

 1年生は初のクラス単位の行事で、級友とのコミュニケーションをとる機会です。

 3年生は、最後の球技大会ですね。どの競技も白熱した熱戦が繰り広げられていました。スポーツの星城とあって、専門競技外であってもスポーツ神経に長けているのでしょう。試合の中で上達していく姿に感心して観ていました。

学校行事

4/12(月)、13(火)日、本校の奨学生を対象に任命式を執り行いました。

今年度は新型コロナウイルス感染症予防のため、日程を二日に分け、座席の間隔をとり、実施いたしました。

スポーツ奨学生、学力奨学生の二部に分かれ、12日は2.3年生を対象に、13日は1年生を対象に行いました。

奨学生は任命書を受け取り、学園長、校長から奨学生としての訓示をいただきました。

式の終わりには代表生徒が決意表明を行い、奨学生としての自覚を持って進んでいこうとする姿勢が見られました。その思いをこれからも持ち続け、皆の模範となるよう邁進することを期待しています。

学校行事

 今日は本学園の高等学校の入学式が挙行されました。ご入学おめでとうございます。

 すでに校内の桜は皆、散ってしまっていますが、皆さんの入学を祝福できるように、桜の満開のときを見逃さずに撮っておきました。

ご入学おめでとうございます。

 また多くの方が校門に設置した「入学式」の立て看板前で記念写真を撮影されていましたね。この立て看板を書いたのが「私」なのです。多くの皆さんに撮影していただきとても嬉しく思っています。この入学式看板を書く際も、皆さんの成長と将来の幸せを念じて気合いを込めて揮毫させていただきました。

 今日のフレッシュな「顔」は、卒業した先輩たちのように3年後もっと逞しく成長した立派な「顔」になっていることを考えると、気合いが入ります。おたがい頑張っていきましょうね。

学校行事,SGH/SGL活動

星城高校1年生SGL活動の取り組みでは、地域課題を高校生の手で解決・改善へと導く提言を行いました。地域団体との協働を行うためのきっかけを作るための企画として、「花あふれる街づくりプロジェクト」を実施してまいりました。

このプロジェクトは、市内の公園・団地・駅敷地内などの花壇をお借りして、花壇づくりを本校1年生生徒と地域団体の皆様と協力して行うという趣旨であります。

さて、その花壇のうちの特進1年2組が担当の豊明団地の花壇は、URコミュニティ様が主催する「共同花壇コンクール」に今年度は応募させていただきました。本コンクールは全国規模での参加であったにもかかわらず、豊明団地自治会のみなさまはじめ、ベトナム人会のみなさま、豊明市国際交流協会のみなさま、星の城幼稚園のみなさまの暖かいご協力をいただいたことで、なんと「最優秀賞」をいただく結果となりました。

最優秀賞はおろか、入賞も予想しておりませんでしたが、この成績を収められたのは、今年度の1年生生徒と地域のみなさまのご協力の賜物でございます。本当にありがとうございました。

ご講評いただいきましたコンクール審査員の浅野先生より、「殿堂入りまで努力されることを楽しみにしています。」と、さらなる期待を今後に馳せるお言葉をいただきました。来年度以降につきましては、今年度担当した1年2組の生徒が、これまで協働してくださったみなさまとの思いを、来月4月に入学する新1年生へと引継ぎ、より地域の皆様が参加しやすくなるような、心が温まるような花壇にしていきたいと思います。重ねてお礼申し上げます。

URコミュニティHP 2020年度共同花壇コンクール該当ページ
2020年度共同花壇コンクール<審査結果> | 環境配慮支援 | URコミュニティ (ur-cm.co.jp)

学校行事,空手部,剣道部,柔道部,部活動,ソフトボール部,レスリング部

 3月末に開催予定の「全国高等学校選抜大会」に出場する選手・チームを激励する会が4日、コロナ禍の配慮で縮小して開催されました。

 新型コロナウイルスの蔓延による影響を受け、昨年の大会のほとんどが中止となりました。アスリートたちは活躍の場を奪われてしまっていましたが、ここ今年度末に至っては、無観客やソーシャルディスタンスの配慮など、規制をしながらなんとか開催されるようです。

 全国選抜大会は既に男子バレーボール競技と弓道競技が出場し大会を終えている種目もありますが、今日は3月末に開催されるチームの代表者が校長から激励を受けました。

 今大会に出場する競技は、先に大会を終えた、バレーボール部と弓動部に加え、剣道部・柔道部・レスリング部・空手道部・ソフトボール部の7団体です。ゴルフ部は今後の予選に期待されます。

 各会場への立ち入った応援は不可能ではありますが、応援よろしくお願いいたします。

 

 

学校行事,学校生活

春のような陽気の中、卒業証書授与式が行われました。

本年度は新型コロナウイルス感染症対策のため、出身中学校の先生方のご臨席をいただくことができませんでした。また、座席の間隔を広くするなどの工夫のため、在校生の参列もできませんでした。

出身中学校から、祝電をいただきましたが、式中でご披露できなかったので、ここで紹介させていただきます。

愛知教育大学付属岡崎中学校