剣道部,部活動

 10月8日(土)、今年8月に実施された剣道八段審査で、合格率0.3%の超難関の壁を見事に突破された本校卒業生の外山浩規先生(愛知県警察)が来校されました。

 先生から生徒たちへ「やり続けることが大切である」とお話を頂きました。

 令和元年の関屋先生(本校卒業生)合格、そして、4年度に外山先生の合格と、本校ОBから続けて新八段が出ていることは、大変素晴らしいことです。

 生徒らは、剣道八段の本物に触れることにより、今後ますますの成長が楽しみです。

剣道部,部活動

 栃木県ユウケイ武道館にて、第77回国民体育大会が開催され、第5位に入賞しました。

 3年生最後の大会に、今まで学んだことをすべて発揮することができました。

 応援ありがとうございました。

(愛知県少年男子チーム 星城高校5名 桜丘高校1名で構成)

剣道部,部活動

私学祭にて高校女子Bの部で本校女子チームが準優勝に入賞致しました。

剣道部,部活動

愛知県私学祭剣道大会

 9月17日(土)東スポーツセンター

  高校男子Aの部 団体優 勝

  高校女子Bの部 団体準優勝

愛知県剣道段別選手権大会

 9月18日(日)露橋スポーツセンター

  三段の部 優 勝 関屋優作(3年)

       準優勝 辻 知己(3年)

       3 位 千種輝大(2年)

  二段の部 優 勝 西岡優心(2年)

                以上

11月に開催される県新人戦に向けて頑張ります。

剣道部,部活動

7月18日(月)に露橋スポーツセンターにて女子段別の大会が開催されました。その結果を報告します。

 高校2段部 (146名エントリー)

優勝‥2年 柴田 唯凪   三位‥1年 山内 朋子  三位‥1年 関屋 要

 高校三段の部 (24名エントリー)

優勝‥3年 稲垣 陽愛  準優勝‥3年 加藤 真悠  三位‥2年松本 心春

本校女子部員17名全員が参加することができ、全員が1回戦を突破し、2回戦以上に進出できたことは大変嬉しく生徒たちの成長を実感することが出来ました。この経験を今後の成長に繋げていきたいです。 

学校行事,空手部,弓道部,剣道部,部活動,ソフトボール部,陸上競技部,レスリング部

 期末テスト最終日の今日、全国大会に出場するチームや個人の代表者が豊明市役所を訪問。小浮豊明市長に県大会の結果や全国大会への抱負などを報告した。

 愛知県大会・東海大会が終わり、今年度の全国高等学校総合体育大会出場者がほぼ出そろいました。出場が叶ったのは、女子ソフトボール部・男子剣道部・女子剣道部・女子空手道部・男子空手道部・男子弓道部・男子陸上部・レスリング部の8競技です。補欠選手を含めた選手登録数は、71名。(東海大会出場者数は、113名でした。)この結果は星城高校としては例年に準ずる出場者数ですが、ものすごく誇らしい立派なことです。また普段から頑張っている姿を目の当たりにしている我々としては、たとえ出場できなくても模範的で、誇らしいです。

 さてこの今日の様子は、明日の中日新聞に掲載されるのをはじめ、豊明市広報に掲載されたり、中部ケーブルテレビにて放送されたりしますので楽しみにしてください。

 なお全国総合体育大会は、7月23日~8月23日にかけて四国各県を会場におこなわれる予定です。各会場ではコロナ対策を万全にするため、会場での応援はご遠慮いただくところが多いようですので、確認をしてから会場へ向かってください。これらの大会情報は、「高等学校体育連盟」でご確認できます。

剣道部,部活動

6月18日(土)19日(日)に名古屋市北スポーツセンターで東海総体剣道競技がありました。


結果は次の通りです。


男子団体 優勝  女子団体 5位


男子個人優勝 中村謙伸

男子個人5位   関屋優作


女子個人5位   村田咲楽


この大会で学んだことを、次の全国高校総体に向け、取り組んでまいります。応援、ありがとうございました。

剣道部,部活動

 6月11日(土)午前中、星城大学体育館にて「名古屋石田学園 大学・高校 剣道部合同強化訓練」を実施しました。


 体育館には、石田学園長をはじめ、山崎文宏先生(星城大剣道部長)、大学・高校の指導者、そして剣道部員が一同に集まり、気合いあふれる稽古によって館内には張り詰めた空気が漂っていました。

 石田学園長からは、「壮観であった。これからもお互いに剣と心を学んで欲しい」とありました。

 大学は、7月に出場する全日本学生剣道選手権大会(男女4名出場)や秋の東海学生優勝大会に向けて、高校は、6月の東海総体、8月の全国高校総体(男子団体戦・個人戦、女子個人戦出場)に向けての有意義な訓練となりました。

 稽古では、大学生が高校生を引き立て教え導き、一方、高校生は教えていただいた大学生に謙虚な姿勢で向かっていくという、相乗効果を得られました。

 この強化訓練は、上記大会での優秀な成績へ必ず結びつくことでしょう。

 今後も、名古屋石田学園、大学・高校剣道部の活躍がとても楽しみです。

剣道部,部活動

 愛知県高等学校総合体育大会剣道競技の結果をお知らせします。

5月21日(土)愛知県総体個人戦 稲永スポーツセンター 

【男子個人戦】 

優勝 中村謙伸(3年) 全国総体 東海総体出場       

3位 関屋優作(3年) 東海総体出場 

【女子個人戦】 

準優勝 村田咲楽(3年) 全国総体 東海総体出場

5月28日(土)愛知県総体団体戦 露橋スポーツセンター

【男子団体】 優勝  全国総体 東海総体出場 

【女子団体】 2位  東海総体出場

 この度も、会場へはコロナ対策のことから一部の方のみの入場であったことから、大会前には多くの方から励ましの声を頂きました。ありがとうございました。
 6月の東海総体、8月の全国総体では、精一杯頑張ります。

剣道部

 ゴールデンウィーク初日の4月29日(祝)に大阪市で第70回全日本都道府県対抗剣道優勝大会が開催されました。

 愛知県団体チームの先鋒は、高校生が務めます。ここに本校の中村謙伸(3年)が先鋒として出場しました。中村選手は、決勝を含めて4勝1引き分け(5試合)と大活躍で、愛知県チームを準優勝へ導きました。

 また、愛知県チーム次鋒は大学生が務めることとなっており、本校OBの大串快晴(早稲田大4年 剣道部主将)も活躍してくれました。