男子バレーボール部

8月20日(土)、21(日)に岐阜県のアテナ工業アリーナにて、「国民体育大会第43回東海ブロック大会」が行われました。

愛知県代表選手として、星城高校からは、3年7組の東怜佑君、12組の細川晃介君、13組の伊藤蒼眞君の3名が参加しました。

今大会は、愛知、岐阜、静岡、三重の4県で総当たり戦を行い、上位2チームが10月に行われるとちぎ国体へ出場します。

愛知県は、安定した試合運びで全勝し、国体本戦への出場権を獲得しました。星城高校から参加した3名も、持ち前の高さを活かしてそれぞれに活躍を見せ、優勝に大きく貢献しました。

普段のチームとは異なる愛知県選抜チームでの活動になりますが、今後とも応援よろしくお願いします。

男子バレーボール部

「第14回アジアU18(ユース)男子選手権大会」がテヘラン(イラン)で開催中です。星城高校からは2年5組の原亜久里君(春木中出身)が代表に選出され、参加しています。

予選ラウンドを1位で通過した日本は、20(土)クウォーターファイルラウンドでクウェートと対戦し、3-0のストレート勝ちで準決勝進出を決めました。この試合では、原くんの出場機会はありませんでしたが、21(日)の準決勝韓国戦では、2セット目のスタートから出場し、4-1でチームを勝利へ導きました。

残る試合は、本日22(月)の日本時間21:30〜行われる決勝戦のみです。
最後まで全力で戦ってほしいと思います。U18日本代表と原君へのご声援よろしくお願いします。

男子バレーボール部

「第14回アジアU18(ユース)男子選手権大会」が15日(月)、テヘラン(イラン)で開幕しました。
星城高校からは2年5組の原亜久里君(春木中出身)が代表に選出され、参加しています。

日本は、予選ラウンドにおいて、インド、韓国、タイと対戦し、3戦ともフルセットの末勝利を収めました。全勝で次のクウォーターファイルラウンドへ進出します。

原君は、どの試合も劣勢の場面で途中出場し、落ち着いたプレーで、セッターとしてチームを勝利に導く活躍をしています。タイ戦では、なんとヒーローインタビューを受けました。

次の試合は20日(土)です。連日のフルセットで、疲れが溜まっていることと思いますが、しっかり体を休めて万全の状態で次の試合に臨んでほしいと思います。大会期間は22日(月)までです。U18日本代表と原君へのご声援よろしくお願いします。

学校生活,部活動,男子バレーボール部


5/14(土)、21(土)、22(日)の3日間で、令和4年度の愛知県高等学校総合体育大会(インターハイ予選)が行われました。

インターハイ予選は、上位4チームによる総当たりのリーグで優勝が決まります。星城は、1日目からすべてストレートで勝ち上がり、2日目に決勝リーグでの1勝を手にした状態で3日目を迎えました。
3日目の1試合目。対戦相手は、大同大大同高校。第1セットを落としますが、星城らしい攻めるバレーボールで第2セットを取り返します。しかし、流れをつかみきれず第3セットを落とし、悔しい敗戦となりました。
2試合目の対戦相手は、愛工大名電高校。1点を争う展開が続き、最後まで攻める姿勢を貫きましたが、2敗目を喫し、3位で大会を終えました。

今大会は、1年生全員が帯同する初めての大会でした。2、3年生が様々な場面で、率先してサポートしている姿を見て、たくさんの学びを得たのではないかと思います。試合に出ている選手はもちろん、コートの外で支えてくれる部員あっての星城高校です。一人ひとりがチームのために動ける人間になってほしいと思います。

また、今大会は、消毒や人数制限など新型コロナウイルス対策を徹底しながらも、保護者を入れた有観客での開催でした。部員や保護者、星城高校男子バレーボール部を応援してくれる方々など、サポートしてくれるすべての人たちへ「感謝の気持ちを忘れずに」まずは、来月の東海総体に向けて、頑張りたいと思います。

今後も星城高校男子バレーボール部の応援よろしくお願いします。

学校生活,サッカー部,福祉ボランティア活動,部活動,ソフトボール部,バドミントン部,男子バレーボール部

学年末テストを終え、社会福祉協力校事業の一環としてボランティア清掃を実施しました。

今年度最後を予定している今回の清掃には、多くの部活動からの参加が上がり、約100名、今年度最高人数での実施となりました。

前半はソフトボール部員とバドミントン部員が学校から前後駅までの通学路を、後半はサッカー部員と男子バレーボール部員が学校から南風グラウンドまでを清掃しました。

今年度も多くの部活動に参加していただき誠に感謝しております。今後ともきれいな街作りに貢献したいと思っております。よろしくお願いします。

ソフトボール部・バドミントン部
サッカー部・男子バレーボール部

部活動,男子バレーボール部

 男子バレー部が春高を終え、感謝の気持ちを込めて応援してくれていた小学生に大会結果報告を行い、バレーボール講習会を開きました。

 高校生の活躍をテレビや動画配信サイトで見てくれたり、メッセージを投稿してくれた子もいたり、たくさんの応援を小学生がくれました。大会結果としては2回戦で敗退し、3年生は引退となりましたが、1,2年生は多くの方に応援されるチームであることの大切さを3年生から学んだのではないでしょうか。

 さて、講習会では前回と同様に、小学生はマンツーマンでの高校生による指導を受け、特に苦手なプレーの克服や得意なプレーにさらに磨きをかけることを目標に、一生懸命バレーボールを楽しみました。

 練習後には、高校生からのお土産をもらい、男子バレー部とKids Starsの絆がより深まりました。カテゴリは違いますが、同じ地域で大好きなバレーボールを練習している両チームです。おたがいにいい刺激をもらいながら成長していきたいですね。

部活動,男子バレーボール部

男子バレー部が小学生のクラブチームであるKids Starsのために、バレーボール講習会を開きました。Kids Starsは男子バレー部と同じ体育館で練習していて、今年でクラブ結成5年を迎えます。このクラブでバレーボールを楽しんでいる小学生も年々増えてきました。小学生が純粋にバレーボールを楽しむ姿を見て、高校生にとってもその大切さを改めて感じる機会となっています。そして、大きな大会があるたびに、男子バレー部も小学生たちからの応援を受け、元気をもらっています。

さて、前置きが長くなりましたが、この講習会では小学生一人一人に高校生が付き、普段なかなか受けることのできないマンツーマンの指導を行いました。小学生たちも、やさしく教えてくれる高校生にこの笑顔です。

楽しみながら、バレーボールの技術を磨くことができました。お互いに感謝の気持ちを伝えあい講習会を終えました。男子バレー部、Kids Starsのみなさん、ありがとうございました。


男子バレー部は春の高校バレーに出場します。初戦は1/5(水)に行われます。応援よろしくお願いします。

部活動,男子バレーボール部

ご声援ありがとうございました。

 久しぶりの観客の中で始まった今年の決勝戦。皆様のご声援を力に変え、全ての力を出し尽くし、優勝を勝ち取ることができました。

 コート上で優勝記念写真を撮影しながら選手に声をかけると、「先生もう立てないよ」と。本当にクタクタのようでした。それほど過酷で精一杯戦い抜いた、フルセットの末の勝利です。

 立派です。

 キャプテンの安達選手とリベロの薬真寺選手の担任として、誇らしく試合を振り返ることができます。

 次は春高バレー本戦です。楽しみですね。

 この放送は、今夜0:25東海テレビ放送にて御覧ください。

学校行事,空手部,剣道部,男子バレーボール部,レスリング部

 この夏、北陸4県を会場にしておこなわれる、全国高等学校総合大会の出場者を激励する式典が今日、父母の会・同窓会・星城懇話会の主催で行われた。

 外では、花火のような祝「閃光」と祝「轟音」が出場者に気合いを入れてくれた。

 空手道部主将の3年松浦友哉選手は、「愛知県代表で晴れの舞台に立つ。楽しいことも苦しいことも仲間とともに乗り越えてきたことに自信を持ち、応援していただいた方々への感謝の気持ちを心に刻み、恩返しができるよう、精一杯頑張って参ります」と決意を述べた。

 今年の大会に出場する部活動競技は、男子バレーボール部・男女剣道部・男女空手道部・レスリング部。

 会期会場は以下の通り

男子バレーボール競技 8月3日~6日 石川県いしかわ総合スポーツセンター

男女剣道競技 8月9日~12日 石川県いしかわ総合スポーツセンター

レスリング競技 8月21日~24日 福井県あおい町総合運動公園体育館

男女空手道競技 8月13日~15日 富山県丸山総合公園体育館

◇会場はすべて無観客で行われますのでご理解ください。

 

空手部,剣道部,部活動,男子バレーボール部,レスリング部

 全国高等学校総合体育大会への出場がおおむね出そろった今日、大会出場チームの代表者が豊明市へ表敬訪問し抱負を述べました。

 昨年度大会は新型コロナウイルス防疫対策のため地区大会から全国大会までのすべてが中止になり活躍の場が奪われた感が否めませんでしたが、今年度は今のところ県大会・東海大会までがおおむね終了しました。愛知県大会で優勝し晴れて全国の舞台に進出できるとはいえ、今後の時世によりどのように変わるのか懸念されるところです。またコロナ対策として無観客での実施も否めないところ。大会を開催していただくことの「感謝」も含めての今日の表敬でした。

 表敬訪問した選手は、バレーボール部キャプテンの3年安達希音選手、レスリング部を代表しフリースタイル77㎏級出場の3年丹下叶夢選手、男女空手道部を代表して男子主将の3年松浦友哉選手、男女剣道部を代表して女子主将の3年江尾瑚登葉選手の4名です。

 皆さんそれぞれ県大会での様子を語りながら、全国大会での抱負を述べていました。小浮豊明市長からは期待と応援のメッセージをいただきましたが、最後には熱く語る選手たちの目力に押されて参ったと本音?を述べられ周囲は和やかに終えることができました。

 この模様は、近日中に中日新聞(なごや東版)で報道の予定です。