空手部,部活動

7/26、星城高校にて愛産大さんにお越しいただき、合同練習会を行いました。普段はライバルですが、県総体が無かった今年は少し不思議な距離感です。練習会のなかで、本校3年vs愛産大3年・星城2年の変則団体戦を行いました。昨年度の全国選抜から始まり、今年度の国体予選・県総体・東海総体・全国総体・国体本戦と、ことごとく大会が無くなってしまった3年にとっては最後の試合。公式戦ではないものの、チーム一丸となり楽しんでくれました。

本日の監督推薦は、星城3年・堤健斗と飛び込みで参加してもらった卒業生・鈴木楓先輩です。

堤は2年生の現キャプテン・松浦友哉を相手に、最後の最後に大技を決めて会場を盛り上げてくれました。鈴木先輩は、突然の参加ながら快く受け入れてくださり、先輩としての貫禄を見せ付けてくれました。

空手部,部活動

7/23、富山県・高岡第一高校さんにお邪魔しました。高岡第一さんには、いつも星城までお越しいただいていましたが、今回初めて足を伸ばしました。先日の浜松開誠館さんもそうですが、いつもとは違う雰囲気でのパフォーマンスは難しい部分もあります。だからこそいい経験になりました。

本日の監督推薦は、2年生・伊藤翔哉と1年生・加藤心音です。伊藤は最後の試合で、ふたまわり以上は大柄な選手を相手に臆さず持ち味を発揮してくれました。加藤は、最後の試合で課題克服のきっかけを掴めたようです。2人とも、今後に期待します。

昨日より今日、今日より明日と、課題克服を目指していきます。

空手部,部活動

7/19、静岡県・浜松開誠館高校さんにお邪魔しました。コロナ禍で中断していた練習試合の再開です。半日だけでしたが、久しぶりの対外試合ができた事に大満足です。

思い返せば、本校が県外遠征に多く出るようになったのは、15年以上前に浜松開誠館さんにお邪魔したのが始まりでした。今回の遠征再開も浜松開誠館さんがスタートという不思議なご縁です。

本日の監督推薦は、残念ながら不在です。久しぶりの対外試合で、緊張や力みが目立ちました。これから、1つずつ取り戻していきます。

これから少しずつ、県外遠征も始まります。例年とは比較にならないくらいの数ですが、その分、一つ一つの経験を大切にしていきたいと思います。

空手部,部活動

昨日の竹重先輩・川上先輩に続き、本日(7/12)は、安藤優弥先輩・横井智明先輩(H25卒)、伊藤鈴稀先輩(H27卒)、安藤実紅先輩(H29卒)、伊藤由真先輩・小嶋爽太先輩・西脇のん先輩・近藤琴音先輩(H31卒)が遊びに来てくれました。ちょうとこの日は岐阜県から志空塾さん、他にも愛知県内の中学生・小学生が各道場から練習参加してくれたので、大変活気のある練習となりました。

中学生の子たちが参加する日は、現役の部員は恥ずかしい所を見せられません。いつも以上に集中してくれます。また、中学生の子たちにアドバイスをするする事は自分自身の練習に対する意識の向上にも繋がります。昨日同様に、今だから取り組めるモノをよく考えて、成長に繋げてもらいたいです。

空手部,部活動

期末テストが終わり、久しぶりに練習が再開です。そんななか、愛知大学に進学した竹重先輩・川上先輩が来校してくれました。今日(7/11)は練習参加だけではなく、一部竹重セミナーもやってもらいました。なかなか満足のいく活動ができない今だからこそ、色々な選手・先輩の良い所を試し、自分のモノにする。今だから取り組める事に意識して練習する事ができました。

空手部,部活動

四日市市総合体育館で行われた、三重県空手道連盟さん主催の強化練習に参加しました。部活再開後、最初の県外でのイベントです。来年の三重国体を見据え、三重県が継続的に行なっている強化事業に、今回は男子4名のみを連れての参加となりました。

久しぶりの他校との交流であり、たいへん刺激を受けることができました。また、組手メンバーの講師である松久先生からも貴重なご指導を頂くことができました。

四日市から学校に戻り、そのまま道場へ直行して復習・反復練習しました。1つでも多くの事を自分たちのモノにできるよう頑張ります。

※写真は学校に戻ってからの自主練風景です

空手部,部活動

6/11、梅雨入りして足元が悪い中でしたが、先日の丹羽先輩に引き続き帝京大学OBの西垣敬祐先輩が来校してくださいました。『西垣セミナー』の開始です。喬也セミナーに続き新しい切り口からのアプローチに、部員たちも普段とは異なる集中力を発揮してくれました。練習後は、西垣先輩の本業であるケアもしっかりと行なってもらいました。

空手部,部活動

6/9、この春に近畿大学を卒業した丹羽喬也先輩が顔を出してくれました。短い時間でしたが、急遽『喬也セミナー』の開催です。

ひとつひとつの言葉が、重く感じられました。喬也先輩からいただいた言葉を忘れずに、また明日から頑張ります。

空手部,部活動

長期にわたる休校が明け、いよいよ今月から学校が通常再開しました。部活動も、ようやく再開です。久しぶりの活動に、部員たちも熱が入ります。まだまだ不自由な中ですが、今できることをやり続けていきたいと思います。

現役の部員たちを心配して、再開後の部活に多くの先輩方が顔を出してくれました。先週は安藤先輩(愛知学院大学3年)・竹重先輩(愛知大学2年)・川上先輩(愛知大学2年)・鈴木先輩(愛知学院大学2年)が練習に参加してくれました。昨日は、専門学校に通う飯田先輩・就職した伊藤先輩・畑野先輩・松下先輩、そして本日は桑子先輩(中京大学4年)。先輩方の元気な姿に、顧問も元気をもらうことができました。

先輩方に心配をかけないよう、一日も早くパフォーマンスを取り戻したいです。

空手部,部活動

2/16、愛知県空手道連盟による審判講習会に参加しました。来年度の国体予選で審判をされる先生方の講習会です。全国選抜に向けて調整・挑戦している試みがどこまで実践できているか、確認する事ができました。

先日の光明遠征で刺激を受け、さらに全国選抜の組合せが決まったことで、選手たちの顔も少しずつ引き締まってきました。いま出来ることに全力で取り組み、大会に臨みたいと思います。