空手部,部活動

12/10、三重県・川越高校さんにお邪魔しました。純粋な練習試合としての遠征は、久しぶりです。川越高校さんが午前中に模試をしており、午後からの半日という短い時間でしたが、マンツーマンで集中して練習試合ができました。

本日の監督推薦は、男子は1年生・遠藤仁貴、女子は1年生・大野寧です。遠藤は、東海選手権の団体形があり、しばらくは形専念をしていました。久しぶりの練習試合でしたが、持ち味をいかして試合をしてくれました。大野は、ひとつ大きな課題を克服するきっかけを手にしてくれたように感じました。

今回の遠征は、3年生・八木瑳介先輩とOGの盛田万桜先輩が同行してくれました。先輩方、ありがとうございました。

学校行事,部活動,ソフトボール部

 12月10日(土)・11日(日)、石田杯中学招待ソフトボール大会が行われました。

 新型コロナウイルスの影響により3年ぶりで久しぶりの開催となりましたが、昨今の諸状況を鑑みて、石田杯は今大会をもって最終回とさせていただきます。

 開会式では、これまで石田杯ソフトボール大会の開催にご協力いただいた方々へ石田正城理事長から感謝状が贈られ、またトヨタレッドテリアーズの三輪さくら選手、後藤希友選手、石堂紗雪選手の3名をお招きし、ピッチング講習会も催されました。3名の選手が中学生に丁寧に声をかけ、ピッチングのアドバイスを行ってくださいました。また、中学生が実際に打席に立たせてもらい、トップレベルのソフトボール選手の実力を体感させてもらう場面もありました。貴重な経験に、会場は大盛り上がりとなり、憧れの選手からのアドバイスに中学生は目を輝かせていました。

大会は10日(土)リーグ戦、11日(日)決勝トーナメントが行われ、激戦の末、名古屋市立新郊・本城・宝神中学校の3校合同チームが優勝しました。

優勝  名古屋市立新郊・本城・宝神中学校

準優勝 名古屋市立はとり中学校

第3位 名古屋市立志賀中学校、名古屋市立瑞穂ヶ丘中学校

部活動,女子バレーボール部

こんにちは!女子バレーボール部です。

男子に少し遅れて、別会場にて星城高校女子バレー部も名南選手権を制し、悲願の初優勝を成し遂げました。

先日の県大会では初戦を突破し、定期テストと修学旅行のブレイクを挟んだあと、練習を再開しました。チームの練習の雰囲気は明るく楽しく活動ができていたものの、バレーボールの質が県大会のときと比べて落ちており、今大会に入るまでに調子を戻すことができない中での大会でした。初日はやはり自分たちのミスが大きく目立つ悪循環が続き、非常に苦しい展開で初戦敗退も覚悟しました。しかし、2日目の11日(日)の初戦、瑞陵高校と対戦をする中で立ち上がり良く試合を展開できたことが、自信を取り戻すきっかけになったように思います。準決勝の東海学園戦と決勝の名女大戦では、相手の攻撃的なエースの猛攻を好レシーブでしのぎ、二段トスからの1年生両エースのアタックが安定してできたこと、サーブミスが目立ったものの攻めるサーブを打てたこと、チャンスボールをもらってからコンビアタックができたことなど、自分たちでリズムを作るバレーボールができており、それが結果として勝因となったのだと思います。女子バレー部のみなさん、本当によく頑張りました!カッコよかったです!輝いていました!

男女で名南地区を制し優勝を飾ることができ、星城高校の男女バレーボール部がさらに勢いづいてきたと思います。次回の大会は年明けの新人戦です。女子は県大会で勝ち上がることを目標に、さらに精進していきたいと思います。

大会結果詳細については以下の通りです。
1回戦 vs昭和高校 2-1
2回戦 vs天白高校 2-0
3回戦 vs瑞陵高校 2-0
準決勝 vs東海学園高校 2-0
決勝  vs名女大高校 2-1

男子バレーボール部

12月10日(土)、11日(日)に名南選手権が行われました。

今大会は、3年生が引退した新チームの初戦でしたが、5試合戦って、全てストレート勝ちの優勝といういいスタートを切ることができました。

また、これまでコートの外でチームをサポートすることが多かった1年生も選手として出場することができました。

新しいチームの良さや課題が見つかった2日間だったと思います。

ここから新1年生入学まで、現1.2年生でチームを作り上げていきます。

今後も星城高校男子バレーボール部の応援よろしくお願いします。

空手部,部活動

11/23、和道会東海大会に参加しました。結果は以下の通りです。

●高校生男子個人組手

準優勝・・伊藤大和

●高校生女子個人組手

準優勝・・鈴木志歩

普段の公式戦とは異なる雰囲気で、選手もノビノビとパフォーマンスしてくれました。

空手部,部活動

11/20、東海選手権3日目は団体組手競技です。結果は下記の通りです。

●女子団体組手

2回戦 vs四日市商業高校・・4-1

準決勝 vs御殿場西高校・・0-1

➡︎第3位

※1回戦はシード

●男子団体組手

1回戦 vs岐阜聖徳学園高校・・5-0

2回戦 vs静岡北高校・・3-1

準決勝 vs浜松開誠館高校・・0-3

➡︎第3位

男女とも、団体組手で全国選抜のチケットを勝ち取りました。しかし、まだまだ全国で勝負できる実力はありません。選抜までの期間、ひとつずつレベルアップをしていけるように頑張ります。

空手部,部活動

11/19、1週間前の形競技に続き、この日は東海選手権個人組手競技が開催されました。結果は下記の通りです。

●女子個人組手-48kg級

市川幸歩・・2回戦敗退

上垣内柚季・・2回戦敗退

●女子個人組手-53kg級

出井麗羅・・第3位

髙原彩愛・・1回戦敗退

●女子個人組手-58kg級

齊藤美羽・・2回戦敗退

●女子個人組手+58kg級

鈴木志歩・・2回戦敗退

●男子個人組手-55kg級

菱田悠斗・・2回戦敗退

●男子個人組手-61kg級

岡村匠眞・・2回戦敗退

●男子個人組手-68kg級

数井義英・・第3位

澤田大和・・1回戦敗退

●男子個人組手-76kg級

園部絆・・2回戦敗退

●男子個人組手+76kg級

永坂大樹・・2回戦敗退

残念ながら、この日の結果で新たに出場権を獲得することはできませんでした。

空手部,部活動

11/13、美濃加茂市のプラザちゅうたいにおいて東海選手権が行われました。この日は形競技のみ開催です。結果は下記の通りです。

●女子個人形

宮ノ腰優鈴・・第1ラウンド敗退

●男子個人形

伊藤大和・・第2ラウンド敗退

森田康介・・第1ラウンド敗退

遠藤仁貴・・第1ラウンド敗退

●女子団体形

エントリーせず

●男子団体形

伊藤大和・大森朝陽・森田康介・伊藤万桜・金澤志遠・遠藤仁貴・・第2ラウンド敗退

残念ながら、形競技での全国選抜出場は届きませんでした。しかし、選手はよくやってくれました。手が届かなかった悔しさを、次に繋げてもらいたいと思います。

部活動,野球部

 本日(11/13(日))、岡崎レッドダイヤモンドスタジアムで大府高校と対戦しました。結果は、4ー7で敗れて、ベスト8となりました。

 1年生だけで臨んだ今大会は、多くのことを学びました。1つのミスがきっかけで、大量失点となること、緊張から練習通りの力を発揮できないこと、レベルの高い投手からは得点を得ることが難しいことなど、チームとして取り組むべき課題だと思います。

 今大会で、今年の公式戦はすべて終了しました。これからは、春の大会や夏の大会に向けて、体力と気力、技術等の向上を目指します。今年、多くの試合で多くの方々に応援していただき、ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

部活動,女子バレーボール部

こんにちは!女子バレーボール部です。

11/12(土)碧南臨海体育館にて春の高校バレー愛知県予選に出場しました。初戦は知多地区2位通過の東海樟風高校でした。初の県大会ということもあり、出たしが固くなってしまいました。デュースまでもつれましたが、最後まで自分たちの良さを出すことができず、1セット目を落としました。2セット目以降は少しずつ落ち着きを取り戻し、徐々に練習してきたプレーが出るようになってきました。結局、セットカウント2-1で辛勝し、県大会での初勝利を見事成し遂げました。

続いて連続試合で、ベスト8 をかけ東三河地区で1位通過の豊丘高校と対戦しました。1試合目の出来とは一線を画して、スタートから自分達の持ち味を全面に出すことができました。1セット目を順調に先取すると、2セット目も同様に良い形で試合の流れを掴むことができました。22点まで先行しましたが、豊丘高校の粘り強いディフェンスに、焦りが出始めこのセットを落としました。最終セットも先行はしたものの、最後はスタミナ切れで自分たちの練習の甘さや詰めきれていない部分が出てしまい、掴みかけたベスト8 でしたが、惜しくもフルセットの末、逃してしまいました。

しかしながら、思い返せば2ヶ月前に県大会出場を目標に掲げそれを達成しただけでなく、県大会という舞台で一勝できたこと、ベスト8 に向け挑戦できたこと、どれもがなかなか簡単には成し遂げられない素晴らしいことです。一つ一つの試合、セット、ラリーから選手の成長を感じることができました。今までからは想像もできなかったスーパープレーもでました。ひたむきに頑張ってきたことのあらわれです。

今回、得たものは多くありますが、なかでもチームで目標を設定し、その目標達成に向けみんなが取り組もうとしたことが、一番大きな収穫です。チームメイトと気持ちと力を合わせ、更なる目標と野望を持って頑張っていきましょう!

応援ありがとうございました。