学校生活

 本館南外庭の花壇に、父母の会に買っていただいたパンジー等のお花を1年9組の外庭の清掃当番で植えました。外庭の雰囲気が変わった様に思います。 水遣り等の面倒は外庭の清掃当番でやっていきます。

 綺麗に咲きそろうことを期待して見ていてください。

学校生活

 受験生にとって最後の追い込みとなるこの冬休み。新型コロナウィルス感染症予防対策も受験対策への重要な要素となっています。そんな中、特進コース3年生の皆さんに手指用消毒スプレーが手渡されました。

 手洗い・うがいはもちろんのこと、手指の消毒も日常の風景となっています。最後の受験まで、決して気を抜かない、諦めない頑張りを期待しています!

空手部,部活動

 昨日に続き、東海選手権2日目が行われました。本日は個人組手競技です。結果を報告します。

●女子-48kg級
 水野凪彩・・第3位
 大石桜来・・1回戦敗退

●女子-53kg級
 岩橋のどか・・2回戦敗退

●女子-59kg級
 田中雪華・・1回戦敗退

●女子+59kg級
 盛田万桜・・第3位

●男子-55kg級
 伊藤翔哉・・第3位

●男子-61kg級
 加古夏稀・・第3位
 中川駿斗・・2回戦敗退

●男子-68kg級
 松浦友哉・・準優勝

●男子-76kg級
 佐藤秀政・・1回戦敗退

 本日の結果、女子+59kg級の盛田万桜が全国選抜の出場権を獲得しました。

 男子−68kg級の松浦友哉は、各階級2位同士の総当たり戦(優勝者のみ選抜出場)でも4人と戦い3勝1敗と善戦しましたが、同じく3勝1敗の相手に対し得失点差で及ばず、個人組手の選抜出場を逃しました。

 今度の土曜日が東海選手権最終日。団体組手が行われます。男女アベックにて結果を残せるよう、最終調整をしていきます。

空手部,部活動

 12/19、東海選手権が開催されました。初日は形競技。本校からは、県新人戦を勝ち上がった筧笙と森田結衣がエントリーです。結果は下記の通りです。

●男子個人形
 筧笙・・第1ラウンド敗退

●女子個人形
 森田結衣・・第2ラウンド敗退

 満を持して臨んだつもりでしたが、全国へのチケットは勝ち取る事ができませんでした。今回の敗戦を、次年度に繋げてもらいたいと思います。

 明日は個人組手競技となります。

空手部,部活動

東海選手権を控え、静岡県・菊川高校さんにお邪魔しました。大会前最後の対外調整です。毎日のように試合形式を繰り返してきましたが、やはり普段対峙しない相手との試合形式はとても良い経験となりました。いい集中の中で行うことができました。

本日の監督推薦は、2年生の伊藤翔哉と岩橋のどかです。伊藤は、最後の団体戦で落ち着きのあるスタイルで戦い、チームの勝利に繋がる勝ち星を挙げてくれました。岩橋は、躍動感ある戦いを展開してくれ、こちらもチームの盛り上げに大きく貢献してくれました。

いよいよ来週土日から東海選手権です。あと1週間。微調整を重ねつつ、本番に臨みたいと思います。

国際交流

 12月19日(土)22:00(Japan Time)・15:00(Bulgaria Time)、星城高校の生徒の皆さんと、本校を訪れたブルガリア共和国ガブロボ市の皆さんで、オンライン交流会を行いました。
 本来であれば、今年の8月、同市を訪れ、お互いの文化や歴史を学び合い、さらなる交流と友情を深めるはずでした。しかし、コロナ禍の中では人の往来もままなりません。そんな中、1年ぶりの再開をオンラインで行うことになりました。

 最初に、2019年の訪問をスライドショーにしたビデオです。

 総勢26名のオンライン交流会は、お互いに合えない状況を悔やみながらも、12月らしくお互いの国のクリスマスの状況や過ごし方などをプレゼンしました。


 慣れないオンラインミーティングに緊張しながらも、あっという間の1時間を過ごし、このオンライン交流会を無事に終えることが出来ました。

 今回の企画に積極的に参加してくれた生徒の皆さんと、約9,000km離れたブルガリアから参加してくれた皆さんに、心から感謝と敬意を表します。

男子バレーボール部

男子バレーボール部は、県大会で優勝し、来年1月5日から東京体育館で開催される春高バレー(全日本バレーボール高等学校選手権大会)に出場します。

星城は初戦で広島代表の崇徳と対戦します。

本日は、大村・愛知県知事を表敬訪問し、春高バレーでの活躍を誓いました。

高校バレーは、新型コロナウイルスの影響で2月以降の公式戦が軒並み中止となっていて、無観客で行われる春高バレーが3年生にとっては最初で最後の大舞台となります。  

大村知事は「思い切り戦い抜いてほしい」と激励しました。  

大村知事に、星城高校のユニフォームをプレゼントしました。

学校生活,SGH/SGL活動

12/5(土) の1年生SGL活動では、探求成果発表に向け、グループ活動が中心となる1日でした。データ収集を行うため、アンケートを校内・校外で実施する班や、電話での聞き取りを行う班など、班ごとの色が大きく出てきました。また、発表内容もスライド作成・原稿作成を通じて、一貫性があるかないか、どう伝えたら伝わりやすいのかなど、活発な話し合いがされていました。

年間を通じてグループでの話し合いも慣れたものになってきましたね。具体的な話が円滑に多くなされるようになってきました。

さて、年末に向けひとまず形にしていく段階に入ります。どんなものに関心を持ったのか、何を問題視したのか、そしてそれをどう改善していくのか、それぞれの班の特色がよく出た発表案を楽しみにしていますね。

部活動,女子バレーボール部

12/12に昭和高校で名南選手権が行われました。
落ち着いた雰囲気で大会に臨むことができたと思います。

1回戦:対 東郷高校
2-0(25-15,25-9)

2回戦:対 名古屋大谷高校
2-1(21-25,25-9,15-5)

新チームが発足してから初めてベスト8以上に進出しました!
選手1人1人がとても頑張っていました。
1つでも多くバレーができるよう明日も頑張ります。

応援よろしくお願いいたします。

学校生活,SGH/SGL活動

2年生の各班、啓発素材開発もほぼ完成となり、今度はその活動のまとめ、発表のための準備を進めています。

新型コロナウィルスの影響によって活動が制限される中、コンソーシアムの方々、また地域の方々はじめSGL活動に関わった方々のお陰で、ここまで開発を進める事が出来ました。

開発した素材をもって、地域の課題解決に貢献できるよう最後まで精一杯活動を進めていきたいと思います。

また今回の活動が年内最後の活動となりました。改めて、ご協力頂いた方々に感謝を申し上げます。

1月から始まる残りの活動において、今日までの成果を発表していきたいと思います。