学校生活,福祉ボランティア活動,バドミントン部

本校は、豊明市社会福祉協力校として活動しています。

その活動の一環として、通学路や地域のボランティア清掃を行っています。

今日は、バドミントン部の部員たちが、学校近くの通学路に生い茂った草を刈りました。道幅が少し広くなって、通りやすくなったと思います。

学校行事,学校生活

新型コロナウイルスのために5月末まで休校が続いていた影響で、例年7月20日頃に行われている1学期の終業式が本日行われました。

例年は、体育館に全学年が集まりますが、今日は、感染対策のために各教室で行われました。校長先生の式辞などの動画をクラスで見た後、担任の先生から夏休みの諸注意をし、通知表を配布しました。

2学期の始業式は、8月24日です。例年より短い夏休みですが、感染対策に気をつけながら、充実した夏休みを過ごすようにしましょう。

学校生活,SGH/SGL活動

本日は、社会問題カルタを使って、楽しみながら社会問題となっている事柄について考えました。

班ごとに一つのテーマについて調べたことをまとめ、発表をしてくれました。発表テーマは、若者の選挙低投票率問題や森林破壊といったよくニュースなどで耳にするテーマもあれば、スペースデブリのような日常ではあまり考えないようなことについて、発表した班もありました。また今回は、クラスによってはスライドを使って発表を行っているところもありました。慣れてきた発表も更に創意工夫が込められていきそうです。

さらに、花溢れる街づくりプロジェクトをどのように行っていくのか、各班でさまざまな意見や発想が飛び交っていました。生徒たちの考えた花壇デザインを地域の人たちにどう伝えたらいいのか、頭を悩ませながら班員と協力して取り組んでいました。


1学期の取り組みはこれで一区切りとなり、次回は2学期となります。

学校生活,SGH/SGL活動

本日は、これから制作する啓発素材の企画・検討をコンソーシアムの方々に協力して頂きながら実施しました。


2年生はここまでの活動によって豊明市に根差している地域課題が見えてきました。その課題解決の手立てについて、各班から高校生らしい案が様々上がってきています。豊明市健康長寿課、市民協働課、産業支援課、株式会社ARMS、社会福祉協議会、国際交流協会、豊明市商工会、豊明市青年会議所の方々から各班に助言して頂き、本日の活動も大変充実していました。


今回の活動が一学期最後の活動となります。回数を重ねてきて、各班具体的な企画案が出来上がってきました。二学期からは順に、実際に制作する活動に移行していきます。豊明市の地域課題の解決に少しでもつながるよう、これまで以上に活動を充実させたいと思います。

空手部,部活動

7/26、星城高校にて愛産大さんにお越しいただき、合同練習会を行いました。普段はライバルですが、県総体が無かった今年は少し不思議な距離感です。練習会のなかで、本校3年vs愛産大3年・星城2年の変則団体戦を行いました。昨年度の全国選抜から始まり、今年度の国体予選・県総体・東海総体・全国総体・国体本戦と、ことごとく大会が無くなってしまった3年にとっては最後の試合。公式戦ではないものの、チーム一丸となり楽しんでくれました。

本日の監督推薦は、星城3年・堤健斗と飛び込みで参加してもらった卒業生・鈴木楓先輩です。

堤は2年生の現キャプテン・松浦友哉を相手に、最後の最後に大技を決めて会場を盛り上げてくれました。鈴木先輩は、突然の参加ながら快く受け入れてくださり、先輩としての貫禄を見せ付けてくれました。

SGH/SGL活動

 7月30日(木)に、令和2年度「地域との協働による高等学校教育改革推進事業」の研究開発担当者会議が行われました。本校が指定されているグローカル型と、地域魅力型、プロフェッショナル型の全65校がオンライン会議に出席しました。

 最初に、この事業の企画評価会議座長である大正大学浦崎教授による講演と文科省担当者からの事業趣旨説明がありました。その後、各類型の事例発表が行われました。そこではグローカル型の全24校を代表して、SGL開発部主任の城戸孝之教諭より、星城高校の昨年度開発報告と今年度開発状況の発表を行いました。星城高校の取組を他の研究開発校の皆さんに知ってもらう貴重な機会となりました。今後もSGL開発部では、地域との協働による探究的な学びを研究開発していきます。

部活動,バドミントン部

バドミントン部3年生が愛知県高等学校バドミントン大会名南・知多支部大会に出場しました。

7月23日(木)武豊町総合体育館
男子ダブルス
 伊藤愛翔・久野晃規 準優勝
 秋田光世・寺嶋克騎 第3位
女子ダブルス
 田口佳奈・青木泉澄 優勝

7月25日(土)武豊町総合体育館
男子シングルス
 原田洸希 第3位
 伊藤愛翔 第4位
女子シングルス
 田口佳奈 準優勝

 コロナ禍において3年生大会が開催されました。この5ヶ月間様々な思いを抱え日々を過ごしてきました。そんな気持ちを吹き飛ばすような爽やかなプレーに会場のみんなが熱いものを感じながら試合を見守っていました。
 換気をしながらの、空調を使用しながらの難しい環境の中で悪戦苦闘しながらこの我慢我慢の学年の選手たちは立派に自分たちの試合を作っていきました。男子5人、女子2人全員が賞状を手にする事は何よりの結果です。

 選手の皆さん、それから保護者の皆さん、長い間お疲れ様でした。

空手部,部活動

7/23、富山県・高岡第一高校さんにお邪魔しました。高岡第一さんには、いつも星城までお越しいただいていましたが、今回初めて足を伸ばしました。先日の浜松開誠館さんもそうですが、いつもとは違う雰囲気でのパフォーマンスは難しい部分もあります。だからこそいい経験になりました。

本日の監督推薦は、2年生・伊藤翔哉と1年生・加藤心音です。伊藤は最後の試合で、ふたまわり以上は大柄な選手を相手に臆さず持ち味を発揮してくれました。加藤は、最後の試合で課題克服のきっかけを掴めたようです。2人とも、今後に期待します。

昨日より今日、今日より明日と、課題克服を目指していきます。

部活動,ソフトボール部

 昨日に続き愛知県高等学校ソフトボール選手権大会が星城高校のソフトボール会場でおこなわれ、星城高校は順当に勝ち上がりました。

 3回戦は菊華高等学校と対戦。4回戦は誉高等学校との対戦でした。

 3回戦の様子を写真で報告します

ホームラン!ナイスバッティング!

続いて4回戦の写真です。

部活動,野球部

星城高校対中部大春日丘高校の試合がパロマ瑞穂野球場で行われました。
1回表、星城の攻撃で曽根君のヒットと相手のエラーで先取点をあげましたが、残念ながら5回コールドで敗退しました。新型コロナウィルス感染拡大のなか、声を出す応援はできませんでしたが、スタンドの生徒たちは拍手で精一杯の応援をしていました。