台風等災害発生時における登下校について

愛知県西部区域(本校所在地)のいずれかの地域に暴風警報が発令中は休校とする。

【1】生徒の登校する以前に暴風警報が発令されている場合

  1. 午前5時30分までに暴風警報が解除のときは平常通り授業を実施する。
  2. 午前5時30分以降、午前9時30分までに暴風警報が解除になったときは下の時間表によって授業を実施する。
    解除時間 授業 バスダイヤ
    5時30分まで 平常通り 平常ダイヤ 
    6時30分まで 第2限 1時間遅れ
    7時30分まで 第3限 2時間遅れ
    8時30分まで 第4限 3時間遅れ
    9時30分まで 第5限 4時間遅れ
  3. 午前9時30分までに暴風警報が解除されない場合は休校とする。(土曜日は7時30分)
    ※解除が9時30分を1秒でも過ぎれば、休校とする。
  4. 上記1・2の場合においても、交通機関、道路等の破壊等で登枚が危険な場合は登校しなくてもよい。但し、何らかの方法で学校へ連絡すること。

【2】愛知県の細分区域化に伴う暴風警報の対応について(平成23年9月16日より)

豊明市: 一次細分区域 ・・・ 西部
市町村をまとめた地域 ・・・ 尾張東部
  1. 愛知県西部区域(本校所在地)に暴風警報が発令されていない場合
     授業実施とするが、生徒の住居地域に暴風警報が発令されていたり、登校に危険が伴うと判断した場合は出校を見合わせる事とする。
  2. 生徒が在校中で、愛知県西部区域(本校所在地)には暴風警報が発令されてないが、生徒の住居区域に暴風警報が発令された場合
     暴風警報が発令されている区域の生徒に対しては、気象状況を確認し生徒を安全に帰宅させ得ると判断した場合は速やかに下校させる。

【3】生徒の登校後に暴風警報が発令された場合

  1. 暴風の気象状況を確認し、生徒が安全に帰宅させ得ると認めた場合は、授業を中止して帰宅させる。
  2. 警報発令後、すでに帰宅困難な状況と認めた時は、生徒を安全な場所に集め適切な処置をとる。

地震への対応 - 生徒の安全対策

東海地震注意情報が発令されたり,警戒宣言が発令(東海地震予知情報が発表)された場合は、授業を行わない。

  1. 在宅時は登校しない。
  2. 登下校中に注意情報が発令されたときは、原則として帰宅する。但し、状況によっては最寄りの避難地へ避難する。
  3. 登校後は、学校の指示に従い速やかに下校する。

学校の再開は,以下のようにする。但し、交通機関・通信手段の途絶などにより登校できない場合は、安全が確認できるまで登校しなくてよい。

  1. 東海地震注意情報の解除情報が発表された場合は、翌日から再開する。
  2. 警戒宣言発令以後「地震災害に関する警戒解除宣言」が発せられた場合は、翌日から再開する。
  3. 東海地震等大規模地震が起きた場合は、学校から連絡があるまで待機とする。

東海地震等大規模地震発生後は必ず学校へ被災状況等を連絡する。その際は、災害用伝言ダイヤル「171」を使用する。

  1. 災害用伝言ダイヤル「171」の録音方法
     171 → 1  → 自分の電話番号 → 録音
  2. 災害用伝言ダイヤル「171」の再生方法
     171 → 2  → 自分の電話番号 → 再生

交通スト・交通災害発生時における登下校について

  1. 交通スト・交通災害等で登校不能の時は、【1】に準ずる。但し、JRのみ交通スト・交通災害の場合は平常通り授業を行なう。