部活動,演劇部

今日は新メンバー初の通し稽古でした。
普段の練習とは少し違い、1年生は特に緊張したと思います。
また、多くの部員が初めての部署に就き、たくさんのことを学びながら稽古をしています。
演劇って楽しい。いいな。そう思ってくれていたらいいなと思います。


合同練習本番まで練習はあと3日。
毎日少しずつ劇が出来上がっていくのを見ていて、とても嬉しく楽しい気持ちになります。
私も初めての部署に就き、今までの役者とはまた違う視点で物事を考えるのはとても大変です。でも、とても貴重な時間だと思っています。


新しい星城演劇部はまだまだスタートしたばかりで、不安や大変なことも一人一人あると思いますが、私たちだからこその最高の舞台を目指して明日もまた稽古です!まずは目の前のものを最後までやり切り私たちはまだまだ成長していきます!

2年女子演劇部員

部活動,演劇部

4月29日は積徳館をお借りしての舞台稽古でした!
1年生のキャストは初めての「舞台上での演技」でドキドキ…!2年生もセッティングや舞台の大きさの計測など、自分たちでやらなければいけないことが多くバタついていました。


裏方の確認はもちろんのこと、キャストは舞台で稽古するからこそ動ける範囲や出さなければいけない声量が確認できます。今日の経験を生かして明日以降もしっかり練習していきたいですね!


積徳館は普段、卓球部とダンス部が主に使用しています。本日積徳館を貸して下さったこちらの部活と開けてくださった山元先生、ありがとうございました!

2年女子演劇部員

部活動,演劇部

新学期が始まってから10日
演劇部では今日から1年生は本格的に部活が始まりました!!
10人くらい入部してきてくれて本当に嬉しいです!!!
体幹や発声、新しい台本の読み回しなどをしました!

そんな中、後輩が出来た新2年生は気持ちを切り替え中です。
「先輩らしくできるかな?」「上手に教えれるかな?」
などなど、モヤモヤしてます。
なので稽古をやって「演劇ってすげーな!!」って思ってもらえるようにするのが今後の課題です。

これから1年生だけでなく、私たち2年生も精一杯飛躍していきますので、彼らがどんな風に成長していくの楽しみにしていて下さい。

2年演劇部員女子

部活動,演劇部

新1年生のみなさん、入学おめでとうございます!
私たち演劇部は、4/8〜16に部活動体験をやっています。
この期間は毎日17:15から公演もやります!それ以外の時間は練習の体験もすることができます。ぜひ一度、私たちの劇をその目で見てみませんか?興味があれば校舎を回っているパンダか、黒いパーカーを着た演劇部員に声をかけてください!
演劇部をよろしくお願いします!

部活動,演劇部

こんにちは!演劇部です。
ついに4月に入り、入学式が目前まで迫ってきました。新しい環境とこれからの出会いに胸を躍らせ、来たる高校生活に緊張していると思います。
そんな中でも気になるのは部活動!「高校では部活どうしようかな…?」「どんな部活があるんだろう?雰囲気はどんな感じなのかな?」と今からワクワクドキドキなのではないでしょうか?
そこで、高校生活を彩る部活動を決めかねているあなたのために!我らが演劇部の紹介をさせて頂きたいと思います!

私たち演劇部は『SHOW MUST GO ON』を掲げ、毎週月・火・木・金・土曜日に第1グラウンド横のトレーニングセンター2階にて、熱く激しく活動しています。
ここで、「『SHOW MUST GO ON』って何?」と疑問に思われた方もいらっしゃるでしょう。
『SHOW MUST GO ON』とは、「幕が上がったら劇が終わるまで絶対に演劇を続けなければならない」という意味を持つ英語です。転じて、演劇と同じように、一度始めたことには責任を持ってやり通さなければならない。いわばこの部活の目指す在り方を表すことわざなんです。まさに演劇部のための言葉ですよね!
我々演劇部はこの意識を一人一人がしっかりと持ち、最後までやり通す力と責任感をつけていきます。

ここまで読むと「あれ…意外とキツくて厳しい部活なのかも…」「練習とか先輩とか怖そうだな…大丈夫かな…?」と思ってしまうかもしれません。でもそんなことは無いですよ!
前述の通り練習は週5。水曜日と日曜日にはしっかりお休みがあります!
私たち部員も部活にかける思いの強さから時に衝突することはありますが、仲良く楽しく熱心に活動しています。休憩時間には時に遊びながらも演劇について熱く語り合っています!

次は具体的に、演劇部で何ができるのかをご紹介します。
演劇部では主に、演技をする「キャスト」、BGMや効果音を流す「音響」、舞台の色や明るさを調節する「照明」、舞台装置の設計・製作を担当する「大道具」、キャストの衣装やメイクについて担当する「メイク・衣装・小道具」の5つの部署に分かれています。
演技だけでなくライブやイベントのスタッフなどに興味がある方にもオススメです!

特進コースの部員も沢山いるので、部活だけでなく勉強も頑張りたい方も是非!テスト週間には希望者で集まって勉強会を行っているので、部員同士で互いに教え合いながら、時には先輩に教えてもらいながら勉強に励むこともできます!

「なにか部活がやりたい!」という方も大歓迎です!
兼部も出来ますのでお気軽に見学に来てくださいね〜!

演劇は高校から始める人が多く、みんな初心者です。みんなで部活を、演劇を作りあげていきましょう!

気になった新入生は部活動希望調査に、在校生はお近くの部員か演劇部顧問にお声掛け下さい。
演劇部をよろしくお願いします!

部活動,演劇部

「2020年、世界は激震した。人類は奴らと戦うことを決意した。しかしうまくは行かない」

1年前の春の合同発表会はコロナの影響で中止となり、私たち 2年生や3年生は悔しい思いをした。今年の夏の大会も開催されるか危うい状況だったなか、公演のルールが急遽変わり、マウスガードをつけるのが当たり前に、対面での演技は禁止、接触も禁止、 2メートル以内での演技も禁止、とできない事が多くなった状況でのみ、公演が許された。
やりたい演技ができない中、迎えた今回の公演「ESCape」
一部のキャストにとっては初めての公演であり、同時に2年生にとっては最後の公演
私たちは公演が終わった時に感じるあの達成感のために私たちは頑張ってきた。本番まで練習を頑張ってきたお陰か、今まで私が演出として何度もしたダメ出しが直って今までで一番出来の良い公演ができたと思う。いつもは私たちの言うことをまともに聞かない部員も多いけれど、なんやかんやで最後にはちゃんと成果を残していくこのメンバーが私は好きです。

そんなメンバーと上演した「Escape」で優秀賞を受賞することができました。
この賞が受賞できたのは支えてくれた家族や先生方、そして部員のおかげだと思います。
そのことに感謝し、今は受賞できたことの喜びをかみしめたいと思います。
※令和2年度名古屋第3地区合同発表会 優秀校

さて、このメンバーでこの公演をするのはこれが最初で最後。もし仮に同じメンバーが揃ってもう一度公演したとしても、全く同じものを演じることはできない。演劇は音楽と同じ、楽器が同じ音色を奏でることができないように、役者も同じ演技をする事はできない。だからこそ、この一回きりの公演が私たちにとっては大切な思い出。
私たちは人生という名の劇の主人公。最初からなんでもできる主人公じゃストーリーは面白くない。できないことは無理してやらなくていい、挫折だってしていい、でも前回のブログで書いてある通り一度幕が上がったら最後まで演じきらないといけない。人生の幕が閉じるのは死んだ時。それまでは何があってもこの舞台を楽しみ、悔しみも悲しみも背負って生きていく。このことを記憶に残して、私たち2年生6人は今日をもって星城高校演劇部を引退します。今後も演劇部のことをよろしくお願いします。

さて、なぜか他の部員達が自分の部署について書いているので私、Yもそれに便乗して「演出」と大会の様子について少し書きたいと思います。

  • 演出は主にアニメや映画でいう監督の仕事をします。キャストの演技を見て、ダメ出しや良かったところを伝え、そのお芝居がより良くなるためにアドバイスをしていきます。私はいつも台本にペンでメモをしているのて大会が終わる頃には台本が読めない状況になっています。演出はお芝居を見ながら滑舌、イントネーション、動き、感情の入れ方、音響照明のタイミングを同時進行で見るのでなかなか大変ですが、自分の理想の劇ができたときの達成感がすごいので、やりがいのある部署だと私は思っています。ぜひアニメ監督や映画監督に興味のある人は演劇部に遊びにきてください!

お次は大会の様子。大会では自分の公演日以外は他校の劇を見ることができます。一日一回一時間の公演を4、5回見るので帰るときは少々お尻が痛いですが、他校さんから学べることは多く、私はいつも大会で新しいことを学んでばかりです。

私たちはよく他校の生徒さん達とお昼ご飯を食べながら、お互いの劇の良かったところや改善点について熱く語り合っています。今回の大会で私は天白高校の生徒さんからいろいろなことを学びました。演劇は同じ台本、同じ公演でも見た人によって解釈が違ってくるので何時間でも会話がはずみます。演劇ほど奥が深いものはないと思います。皆さんもぜひいつか機会があれば舞台を見て、誰かと感想を言い合ってみてはいかがですか?きっとものの見方がわかってくると思いますよ。

2年演劇部員女子

部活動,演劇部

令和3年3月26日金曜日13時30分 南文化小劇場 「Escape」

今日はついに、大会当日でした。
前回とは違い、緞帳が上がった時から多くの役者と舞台に立てたことが私にはとても心強かったです。今回の大会が最後になってしまう2年生の先輩も、先輩となり新1年生を迎える、不安でいっぱいの私たち1年生もより一丸となり、「とても楽しかった」と心から言える最高の舞台を作ることができました。
先生方が撮ってくださった動画で、初めて完成した劇を見た私たちは、達成感と感動に包まれました。特に力を入れていたオープニングでのみんなの後ろ姿はとてもかっこよく、部員たちのお気に入りの1枚になっています。



今回の劇は新型コロナウイルスがベースにあり、私たち高校生のコロナや日常に対する思いが高校演劇らしく、誰かの胸に届いていればいいなと思います。今日までの練習で上手くいかないことや、諦めかけてしまうこともたくさんありましたが、いざ大会を迎えると「やっぱり演劇が好き」「やってよかった」と思う気持ちが溢れてきます。私はそんな気持ちが大好きです。明日からは他の高校さんを観劇して来ます。改めて演劇の楽しさを知った今だからそこ、たくさん勉強をして、また次回も「最高」と言えるよう私たちは頑張ります。

1年演劇部員女子

部活動,演劇部


大会前日!


今日は南文化小劇場でほかの高校の演劇を見たり、リハーサルを行ったりしました。色々な高校の劇を見れてとても参考になったと部員のみんなも言っていました!


リハーサルでは色々とトラブルもありましたが本番まで残りわずかです。台本を読み込んだりしてミスを減らすことはできます。
本番では一人一人が劇を楽しむことを目標にがんばります!


さて「Show Must Go On!」という言葉があります。劇は緞帳が開いたら緞帳が下りるまで続けなければならないという意味です。この言葉を私たち演劇部のパーカーの背中に刻んでいます。上演中はこの言葉を支えに頑張ってきます!
応援よろしくお願いします。


1年演劇部員男子

部活動,演劇部

こんにちは、演劇部です。

今日も演劇部は地区大会に向けた練習をしました。だんだん劇の精度が上がり、部員からの役者に対する指摘?意見?も厳しくなってきました。劇全体のレベルが上がってきたからこそ生じる要求に必死に応える役者を見ていてなんだか嬉しくなりました。

さて、今日は先日に引き続き音響スタッフのご紹介をさせて頂きます。

1人目は特進コース一年Sくん、毎日睡魔と闘ってます。ですが、劇中では彼にしかできない繊細なボリューム調節をしてくれています。いつもありがとう!

2人目、普通コース一年Eくん、とっても気配りができるみんなのパパです。私もいつも助けてもらってます。ありがとう!

そして私、仰星コース2年Mです。

加えて今回は部活外からも普通コース一年のMちゃんYちゃんEちゃんKちゃんの4人が音響スタッフの助っ人として参加してくれます。ありがとう!

こんな賑やかなスタッフとともに今日も練習が進んでいきます。本番まであと少し。残り少ない時間をどれだけ有効に使えるかが劇の精度に大きく関わってきます。頑張る時は頑張る、休む時は休む、切り替えを大事にして練習に励もうと思います!

演劇部員2年女子

部活動,演劇部

大会まであと5日!
本日は1日練習だった為1場から6場までの稽古を行いました。
19日のブログは照明の仕事内容の紹介だったので今回は頼れる照明スタッフの紹介です。

1人目は普通コース1年女子Nちゃん
最近厄日があったみたい…大丈夫かな…
難しいと思うけど照明の指示頑張ってね!

2人目は特進コース1年男子Sくん
最近過保護過ぎて怒られちゃったらしい…
相手を信じて任せることも大事だと思うよ!

そんな2人ですが前回の大会も照明の仕事をしてくれていました。
前回の経験を活かして日々の稽古に励んでいます!
一緒に劇を盛り上げられるよう頑張ろうね!

顔出しは恥ずかしいのでパンダのみということです。
頼れる照明スタッフとお話ししたい人はぜひ、演劇部まで。

演劇部員1年男子