空手部,部活動

7/24、先週に引き続き遠征です。当初の予定していた相手校さんに体調不良者が複数出たため、急遽山梨学院さんにお世話になりました。今回はメンバーを絞っての参加となりました。良い緊張感で時間を過ごすことができました。

今回の監督推薦は、男子は数井義英、女子は加藤心音です。かなり暑さが厳しく、熱中症気味の選手が続出しました。そんな中でも数井は人一倍試合に出場して仲間を鼓舞してくれました。加藤は、最初の試合で大将として出場しました。メンバー全員が動きに固さが目立ち、2勝2敗という局面での大将戦。願ってもないシチュエーションのなかで、落ち着いて勝利を収めてきてくれました。

今回の遠征には、OBの加古夏稀先輩とOGの田中雪華先輩が同行し、サポートをしてくれました。また、駒大に進学している松浦友哉先輩も、現地で合流してくれました。先輩方、ありがとうございました。

部活動,演劇部

 今日の稽古で私は衣装の確認をしながら演技をしたのですが、本番が近づいている事への実感からくる緊張感と不安と、待ち遠しく思う気持ちが入り混じり、不思議な心持ちになりました。去年味わった緊張とも何処か違って、底知れない不安というよりか、底が深いことを知ってしまっている不安という感じで、最近私にあったずっと胃が握り潰されるような緊張感の原因なのでは無いかと思うほどでした。(まあ、実際には違うのですが)

 こんなに不安ではありますが、今日の稽古は今までで一番確実に進んでいるという実感のできる稽古であり、とても大きな一歩を踏み出せている気がします。台本の内容は言わずもがな最高のものであるし、必要なのは部員全員の気持ちと努力だけという状態になっていると思います。星城高校演劇部は、結構土壇場で成長しているイメージがあるのですが、今回もそのような流れで、スイッチの入るタイミングが今日だったのではないかと思います。

 今日の短いけれどとても大きい一歩を前進力にして、さらに大きな一歩を着実に進めて本番を迎えたいなと強く思いました。本番に向け気を引き締めて全力で突っ走って地区大会を無事終えられるように頑張ります。

2年 女子部員(舞監兼役者)


演劇部 活動報告 「まだ未熟でも」

 こんにちは!演劇部です!

 夏大まで残り1週間となりました。大会本番がじりじりと近づいて自分の中の焦りも増してくる中、今日は初めての通し稽古をしました。

 1時間かけて行ったその稽古の中で自分の未熟さや力不足を改めて実感しました。私は音響なのですが、音楽を流すタイミングを間違えたり、音量の調整を間違えたりする事が多く、このまま夏大に向かうことに少し不安を感じています。ですが、それ以上にまだ自分が未熟である分伸び代が多いという事なので、自分がこの1週間でどれだけの成長を遂げられるのかを想像すると明日も本気で練習に取り組もうという気持ちがふつふつと湧き上がってきます。

 まだまだ未熟な僕達ですが観に来てくださる方に僕達のできる最高の演劇を届けられるようこれからも努力し続けていきたいと思います。

2年 男子部員(音響)


演劇部 活動報告 「裏方として」

 本番まで残り1週間をきりました。

 自分は2年生ですが、演劇部には今年から入ったので、緊張と不安でいっぱいです。今日の練習でもモタついてミスばかりでした。本番でも同じ事をしてしまうんじゃないか、と考えてしまいます。

 ですが、役者さん方の練習の風景を見ていて、裏方として自分にできる事があるんじゃないかとも思います。役者さん方がセリフや動きなどを覚えている中、こちらの心配までしてくださっています。自分の担当の照明を懸命にこなして、役者さん方に迷惑をかけないよう努めたいと思います。

 残り短い時間ではありますが、最高の舞台にできるよう頑張ります。

2年 男子部員(照明)


演劇部 活動報告 「一致団結・百戦錬磨」

 おはようございます。演劇部です!

 本番まで後5日!本腰を入れて演劇部一同一生懸命練習に励んでおります。

 今日は1日(9時から16時まで)練習でした。時間との戦いであり、雨も続いたので湿気と暑さとの戦いでもありました。

 衣装合わせは2号館で、劇の練習は部室で行いました。部室は温度調整が難しい場所なので休憩を何度か入れつつ、時間が許す限り練習をしました。しかし、午後にはもうヘトヘトになる者も少なくは無く、15時15分辺りで切り上げることになりました。残念ですが、正直私も暑さで頭が回らなくなっていたので、正しい判断だったと思います。今日指摘されたところを思い出しながらゆっくり体を休め、明日万全な状態で練習に挑みたいと思います。

2年 女子部員 (役者兼衣メ小)


演劇部 活動報告 「一簣之功」

 24日の地区大会まで、今日含めあと4日となりました。

 今回地区大会で演じる劇は「ESCape」という創作台本で、春の自主公演にて引退された現3年生、そして昨年の卒業生など先輩方の努力の集大成です。先輩方が演じたこの「ESCape」は、真似をしたくなるようなとても素晴らしい劇でした。

 しかし、その先輩方の劇をコピーするだけでは、ただの贋作に成り果ててしまいます。贋作にしたくてもそれ以下の出来になってしまうかもしれません。

 今日の7月20日を含め、あと4日。泣いても笑っても、たったの数日で本番を迎えます。私たち演劇部はその現実からエスケープすることなく、最後まであらん限りの力を尽くし、オリジナリティのある、先輩方の「ESCape」ではない私たちの「ESCape」にします。

 とにかく全力でがんばって、全力で楽しんできますので、ぜひ応援してください、よろしくお願いいたします!

2年 女子部員(役者)


演劇部 活動報告 「自信を持って」

 こんにちは!演劇部です!大会本番まであと3日となりました。

 今日は記念館をお借りしてゲネプロを行いました。今までより本番の舞台に近い環境での通しは初めてでとても緊張しました。私は、照明を担当しているのですが、今日のゲネプロでも明転のタイミングを間違えてしまったり、つけないといけない照明をつけ忘れてしまったり、ミスをたくさんしてしまいました。大会本番では、触ったことのない照明卓でほとんど練習なしで本番を迎えるため、不安と緊張でいっぱいです。

 ですが、残り短い稽古期間でしっかり確認をし、自信を持って大会を迎えたいと思います。

 部員全員で力を合わせて、私たちらしい演劇をできるように頑張ります!

2年 女子部員(照明)


演劇部 活動報告 「1人1人」

 こんにちは、演劇部です。

 ついに明日から地区大会が始まります。私たち演劇部は2、3週間ほど前から1、2年の部員でローテーションをし、ブログを毎日更新していました。このブログが上がる頃にはもしかしたら大会の結果が出ているのかもしれませんけどね。

 脱線しましたが、ついにブログの管理を担っている書記の私に当番が回って来ました。全員のブログをチェックしていたのですが、やはりみんな個性がありますね。

 演劇という団体競技ではやはり1人がいくら頑張ったところで何も成すことはできません。それは今回の夏大で、私の大きな壁となりました。おこがましい話ですが、どこか心の中で「どうしてみんなもっと頑張らないんだ」と思っていた節があったかもしれないです。みんなは確かに頑張っていました。ただ私が頑張れていなかったのをみんなのせいにしていただけかもしれません。でも、本当にもっと一緒に頑張りたかったのかもしれません。

 このことを良いと思うか悪いと思うかは人それぞれです。でも私の場合、もっとみんなと話し合うべきだったと感じています。人それぞれであるのは当たり前なのだから、もっとみんなの意見を理解すべきでしたし、私の意見をみんなに伝えるべきだったと思いました。これは反省ですが、もちろん、だからといって明日からの地区大会を諦める気は一切ありません。だってせっかく今気づいたのですからね。私はみんなのこの演劇部が大好きです。絶対に演劇で諦めたくありません。みんなと全力で頑張ります。

 今日もみんな1人1人の心が揺れ動いているのを感じました。そしてみんな1人1人がみんな1人1人を大好きなのだとも感じました。この地区大会、どうなるかまだ想像できません。どんな結果になろうとも必ず次へ繋げます。私たちはこれからも互いに輝きを増していきたいです。

 書記と思えない乱筆乱文失礼致しました。こんな個性豊かな演劇部ですが、スポーツの星城として逞しく精進して参ります。どうか応援よろしくお願い致します。

2年 女子部員(役者兼舞監)

部活動,野球部

本日(7/26)小牧市民球場において、準々決勝が行われました。

享栄高校と対戦して、4-7で負けたため、3年生にとっての高校野球は幕を閉じました。

部員112名で戦った今大会、ベンチとスタンドが一体となり、試合終了まであきらめることなく全力を出しきったため、試合終了後は涙があふれてきましたが、心の中は最高の笑顔で終えることができました。

今大会は4試合を戦いましたが、すべての試合でダンス部やブラスバンド部の皆さん、在校生やOBの皆さん、地域の方々、先生方など多くの方々に応援していただき本当に幸せでした。

2週間後には、1・2年生チームの秋季大会が始まります。「周囲の方々に応援していただけるチームになる」ことを念頭に置き頑張りますので、今後とも星城高等学校野球部を応援してください。

ありがとうございました。

部活動,野球部

 本日(7/26)、小牧市民球場で第104回全国高等学校野球選手権愛知大会準々決勝(6回戦)が行われました。享栄高校と対戦し4対7で残念ながら敗退となりました。3年生にとっては最後の熱い夏が終わりました。ベンチ入りした20人の選手、スタンドで心ひとつに戦った選手、マネージャー、全員が全力で戦って完全燃焼しました。3年生の思いは後輩が引き継いでいきます。球場へ応援にかけつけてくれたブラスバンド部のみなさん、ダンス部のみなさん、生徒のみなさん、保護者の皆様、OBの皆様、先生方、応援してくださったすべての皆様、本当にありがとうございました。

グローカル探究/未来探究/sports knowledge

7/7 先週の市民協働課に続き、豊明市 長寿課より石坂 左和子様、藤弘 美緒様をお招きし、豊明市の地域課題を考える~高齢者市民の健康寿命~をテーマにご講演いただきました。

豊明市の現状を把握し、さまざまなお題に対してどのように解決していくかを考えました。

「お米を買ったが、自宅まで運べない。どうすればよいか。」

「お風呂に入るのに、浴槽をまたがなくてはならないが足が上がらない。どうすればよいか。」

一つ一つのお題について、自分ならどのような策が考えられるかを検討し、発表していました。

今までは「高校生」としての立場で物事を考えていましたが、「高齢者」としての立場で考えることができたと思います。

これからの活動では、外国人市民や高齢者市民と協働する機会が多くあります。さまざまな立場で物事を考え、豊明市の課題解決に繋がる活動をしていきます。

部活動,野球部

 本日(7/24)、刈谷球場で5回戦(Eブロック決勝)が行われました。向陽高校と対戦して、10-3で勝つことができました。

 初回に先制されましたが、出塁したランナーを1つずつ先の塁に進める攻撃と「守り勝つ」野球を徹底することでリズムが生まれ、逆転することができました。

 今日も気温が高く暑い中でしたが、皆様に応援していただいたことも、選手の力になったと思います。

 次回の準々決勝は、7/26(火)11:30から小牧市民球場で享栄高校と対戦します。甲子園出場を目指して頑張りますので、応援よろしくお願いします。

野球部

 本日(7/24)、刈谷球場で第104回全国高等学校野球選手権愛知大会5回戦が行われました。名古屋市立向陽高校と対戦し、10対3で勝つことができました。ベスト8です。

 向陽高校の加藤投手の巧みな投球に翻弄され、初回はヒットがつながりませんでしたが、徐々に打線がつながり得点を重ねることができました。先発の島袋投手から長谷川投手、後藤海投手へとリレーし、エース田島投手を温存しました。木下監督の見事な戦略で準々決勝への期待が膨らみます。暑い中、ダンス部・ブラスバンド部をはじめ、応援にかけつけてくれた生徒のみなさん、保護者の皆様、OBの皆様、熱い応援をありがとうございました。

 6回戦(準々決勝)は、7/26(火)に行われます。これまで対戦したチームの思いも背負って頑張ります。対戦相手は抽選で決まるため未だわかりませんが、次回も応援よろしくお願いします。

バックスクリーンのスコアーボード

部活動,野球部

 本日(7/22)、刈谷球場で4回戦が行われました。至学館高校と対戦して、3-2で勝つことができました。

 試合開始前から厳しい試合になると思っていましたが、相手投手の投球を捉えることができなかったことから、中盤まで全くヒットが打てず、想像以上に我慢が必要な展開でした。しかし、試合後半から打線がつながり、得点することができました。

 本日の良かったところは、バッテリーを中心とした守備が良かったことです。また、ダンス部・ブラスバンド部をはじめとする仲間(生徒)の皆さんやOBの方々など、暑い中、多くの方の応援があったからこその結果だと思います。

 5回戦は、7/24(日)11:30から刈谷球場で行われます。次回も応援よろしくお願いします

卒業生の活躍

本校、特進コースで野球部に所属していた「宮崎 太暉」さんが名古屋大学に合格したことが、
旺文社出版の「螢雪時代7月号」に特集として掲載されています。

 

[あなたはどうして難関大へ?]
特技&学業”二刀流”に聞いた

掲載中の「旺文社:螢雪時代2022年7月号」記事については下記画像をクリック