国際交流,柔道部,メディア部(放送部)

2021年7月1日(木)、昨年に引き続きパラオ共和国の柔道を学ぶ子どもたちと、本校柔道部との第二回柔道国際交流がオンラインにて行われました。

 今回もメディア部員のみなさんに撮影や司会進行をしていただきました。メディア部の撮影スタッフが柔道部員を追いかけ、技が見やすいよう撮影を行いました。パラオの子どもたちには投げ技の披露や、質疑応答を行いました。

 モニターに映ったパラオの子供たちの様子は、皆さんきちんと正座をしてこちらのパフォーマンスに着目していらっしゃいます。柔道という競技を通じて「礼節や規律」をテーマにした健全な青少年の育成教育が浸透してきたことを感じます。

 オンラインであるがゆえの、音声・映像トラブルもありましたが、とても有意義な時間を過ごすことができました。このようなコロナ禍でも国を越えて交流できるのがオンラインの良さだと改めて実感しました。

 サポートには同志社大学の早川理恵子博士。また現地パラオ共和国柔道協会役員の皆様。メディア部の司会者にはパラオ語でアナウンスしていただきました。多くの皆様のお力の集結により為し得たことを鑑みると大きなミッションをしたような気がします。有り難うございました。

 パラオの子供たちのみなさんには、ますます柔道に鍛錬し、いつか互いに稽古ができる日が来ることを願ってやみません。柔道の実演に協力していただいた三年生部員たちは、「卒業旅行はみんなでパラオに行こう!」と乗り気でした。実現できると良いですね。

 このミッションは今後も継続して実施します。

国際交流,柔道部,部活動,メディア部(放送部)

 在パラオ日本国大使館(Embassy of Japan in Palau)の公式FaceBookにて、この交流会が紹介されました。こちらをクリック(タップ)してください。

 在パラオ日本国大使館(Embassy of Japan in Palau)の公式Twitterにて、この交流会が紹介されました。こちらをクリック(タップ)してください。

 2020年12月9日(水)、日本とパラオ共和国をオンラインで繋いでの柔道交流を実施しました。
 最初に、早川理恵子先生より、日本とパラオの関係、言葉、現状など、レクチャーをいただきました。

 今回の交流に当たっては、大須RC様の支援をいただきました。
 大須RC会長大原敏正様より開会宣言をいただき、両国家の演奏、パラオ柔道キッズからのご挨拶、星城高校の四方校長のご挨拶、在パラオ日本大使館の柄澤 彰様よりご挨拶をいただき、交流会は始まりました。

 最初に星城高校を紹介です。司会をメディア部2年生 長坂 紗良さん、学校紹介を務めてくれたのは、同じくメディア部2年生 大瀬 弦宜くんです。本館アトリウムから建学の精神、卒業生の活躍、そして、剣道場・柔道場までを、中継しながら紹介しました。

 パラオの子供たちへ直接柔道の指導することもできました。約1時間という交流会はあっという間に終了時間になりました。オンラインであるがゆえの、音声・映像トラブルもありましたが、とても有意義な時間を過ごすことができました。


・・・そして、この交流会に当たっては、本校より記念品として道場に掲げる「看板」を作成・寄贈しました。「出来合いのものではなく、板から作る」ことにこだわった作品です。その「看板」が届いたとの連絡をいただきました。

学校行事,学校生活,メディア部(放送部)

 2020年10月22日(木)に実施された 星城高校体育祭 の様子を、CCNet12(地デジ12CH)にて放送いたします。

 今年度はコロナ禍の中、感染予防対策のひとつとして、保護者にみなさまにお越しいただくことができませんでした。この機会に是非、ご覧いただければ幸いです。

 放送期間 12月1日(火)~12月27(日)
  月~金 14:00~
  土・日 14:00~、21:00~

 放送エリア
  名古屋市緑区・豊明市・日進市・東郷町

学校生活,部活動,メディア部(放送部)

著作権保護のため、一部音声をミュートしています。

星城高校メディア部が作成する「スクールリポート」番組です。

地元ケーブルテレビ(CCNet 12ch)で、名古屋市緑区・豊明市・日進市・東郷町において、地域情報番組として放送されています。

平 日 6:30~、18:35~
土・日 6:30~、18:00~

また、星城高校公式YouTubeチャンネルでは、令和2年度学園祭野外ステージの様子を掲載しています。
https://www.youtube.com/user/seijohhighschool/videos
チャンネル登録を、お願いします!😊😊😊

部活動,メディア部(放送部)

 本日、我々メディア部は、いつもお世話になっているCCNet(中部ケーブルネットワーク)さんでの研修に出かけました。

CCnetの田中さんにより、午前はカメラの基礎や、位置取りや、字幕などで使う光の科学基礎、音の科学などを資料を通して教えてもらいました。
 他にも、500万円程の高価なカメラを使わせて貰ったり、スタジオセットにて本番のように原稿を読ませて貰ったり、一人、一人、自分の自己紹介を考えて、ピンマイクを付けてカメラ前で発表しました。

 午後には、自分たちが編集した動画が実際にテレビに流れる所を見ました。
 その後に、午前に撮影した自分たちの動画を教えてもらいながら専門ソフトのEDIUSで編集しました。
 編集の簡略化のコツや、専門的な技術などを教えてもらいました。分からないことも多かったですがとても分かりやすく教えてくださいました。
 メディア部にとってとても貴重な体験になりました。
 今後のメディア部の編集に活かせるようなお話をたくさん聞いたので、今日学んだことを活かして、プロの方に近づいていけるように頑張っていきたいと思います。

文責:メディア部部長 明

部活動,メディア部(放送部)

 第66回 NHK杯 全国高校放送コンテスト愛知県大会に出場しました。

 久しぶりの、本大会への挑戦でしたが、残念ながら決勝進出とはなりませんでした。しかし大勢の高校生たちが見守る中、そして独特の緊張感の中、堂々とした朗読でした。

 これからも、挑戦し続けていきたいと思います。

部活動,メディア部(放送部)

ファイル 4513-1.jpg

第66回 NHK杯 全国高校放送コンテスト 愛知県大会エントリー抽選会 兼 第48回高校生のための放送講座が、刈谷市総合文化センターにて行われました。

本校メディア部(旧 放送部)の生徒たちが参加しました。

実はこの講座兼大会エントリーに参加するのは、3年ぶりのことです。

午前は番組作成までの道筋や注意点、著作権や著作隣接権、肖像権や出演に関する許諾のことについて、細かいところまで学ぶことができました。

午後は、本校生徒も出場する朗読やアナウンスに対しての講座です。なんの経験もない私達ですが、まずは挑戦してみることから始めたいと思います。

なお、私達の作成する動画が、スクールリポートとして地元ケーブルテレビて放送されています。放送エリアは、豊明市、東郷町、日進町、名古屋市緑区です。
この動画の作成も、頑張っていきたいと思います。