学校行事,SGH/SGL活動

この研修は仰星コース、特進コースの生徒30名が参加し、5つの班に分かれて、SDGsのテーマをそれぞれ設定して15日から21日にかけて行われます。

2日目最後の体験は、やはりマレーシアの特産品であるバティックを制作しました。

初めてのろうけつ染め体験。 なかなか思うように手が進みません。 それでも試行錯誤していくなかで、なんとか形になってきました。

後日、完成品をいただきます。 仕上がりが楽しみですね。

学校行事,SGH/SGL活動

この研修は仰星コース、特進コースの生徒30名が参加し、5つの班に分かれて、SDGsのテーマをそれぞれ設定して15日から21日にかけて行われます。

ヒンズー教のバツー洞窟の次はイスラム教のブルーモスクを見学しました。

初めて訪れるモスク。

礼拝堂に流れるその厳かな空気からイスラム教徒の人々の信仰心の深さを感じる体験となりました。

学校行事,SGH/SGL活動

この研修は仰星コース、特進コースの生徒30名が参加し、5つの班に分かれて、SDGsのテーマをそれぞれ設定して15日から21日にかけて行われます。

続いての体験はマレーシアの特産品のピューターの制作を体験をしました。

 簡単そうに見えてなかなか難しい。生徒たちも悪戦苦闘です。

最後に自分の作品と「hard knockers」とデザインされたエプロンをいただきました。体験と共に良いお土産になりました。

学校行事,SGH/SGL活動

 この研修は仰星コース、特進コースの生徒30名が参加し、5つの班に分かれて、SDGsのテーマをそれぞれ設定して15日から21日にかけて行われます。

 今日は、まずヒンズー教の聖地 バツー洞窟を訪れました。

 ヒンズー教の聖地でありながら、仏教徒の人も、イスラム教徒の人も数多く訪れていました。自分とは違う宗教であっても尊重するマレーシアの人々。多文化共生のヒントがありそうです。

学校行事,SGH/SGL活動

12月15日、セントレアにてマレーシア研修結団式が行われました。
水野副校長先生からの励ましの言葉を胸に刻んで出発です。

この研修は仰星コース、特進コースの生徒30名が参加しています。

5つの班に分かれて、SDGsのテーマをそれぞれ設定して15日から21日にかけて行われるこの研修。

この研修を通して、生徒たちがより成長してくれることを期待しています。

空手部,部活動

12/14、静岡県・阪本道場さんが主催する金太郎杯に参加しました。この大会は【たなぼた戦】や【男女混合団体組手】など、独特なルールも取り入れられた大会です。普段の大会とは異なるルールでしたが、楽しませていただきました。結果は下記の通りです。

●高校生男子形
 優勝・・高木智貴
 準優勝・・榊原空良

●高校生女子形
 エントリーせず

●高校生男子組手
 優勝・・加古夏稀
 敢闘賞・・前泊南斗偉

●高校生女子組手
 準優勝・・田中雪華
 敢闘賞・・鈴木桜

●高校生団体戦
 スケジュールの都合で棄権しました。
 なお、恒例のお楽しみ抽選会でも盛り上がりました。子どもたちに混ざって、本校生徒も名前が呼ばれました。前泊南斗偉と中川駿斗の両名が『サトウの鏡餅』をいただきました。

 高校生とは違うコートで審判をしていたため、ほとんど見ることはできませんでした。しかし、所々で見受けられたのが、勝負に対する甘さでした。この冬はまだまだ遠征・大会が続きます。今日と同じ反省をしなくていいよう、明日から練習をしていきます。

学校行事,ソフトボール部

石田杯のソフトボール競技二日目の今日、決勝戦がおこなわれ名古屋市立本城中学校が優勝し有終の美を飾りました。
 
 石田杯のソフトボール競技は、二日間にわたって行われます。
主催の星城高校女子ソフトボール部員30名らが大会スタッフとなり、前日から学校に泊まり込んで大会の準備をしてくれました。
 14日はリーグ戦が行われ、今日は勝ち残った四チームによるトーナメント戦により準決勝と決勝戦が行われました。
 決勝では、先攻の名古屋市立本城中学校が、ランナーをためる作戦を初回から毎回のように繰り返し見事な試合運びでの優勝でした。おめでとうございます。

【主な結果】
優 勝 名古屋市立本城中学校
準優勝 名古屋市立大江中学校
第3位 大府市立大府北中学校
第3位 岡崎市立矢作北中学校 

空手部,部活動

12/12、卒業生の西垣敬祐先輩が顔を出してくれました。

西垣先輩は、高校在学中は1年次から個人組手で愛知県チャンピオンとなり、帝京大学に進学しました。自身が大怪我を繰り返した事から、アスリートのケアについて学び、現在は共和駅の近くで整体院(パートナー整体院)を開きながら定期的に部員のケアとトレーニングをサポートしてくれています。

この日は普段のトレーニング・ケアだけではなく、依頼していた【オモチャ】も用意してくれました。

しっかりとトレーニングを重ね、この冬を越えた時にひと回り強くなれるよう、頑張ります。

ゴルフ部,部活動

沖縄県名護市の カヌチャゴルフコースで行われた

「全国高等学校選抜ゴルフマッチプレー選手権大会」の最終日。

本校3年生の鈴木千貴君が、優勝しました!! 全国第1位です。

 今年度の全国大会上位者32名のみに出場資格が与えられる本大会で、見事に日本一になりました。1年生の時から全国大会の常連でしたが、今一歩で優勝を逃してきました。そして、高校生活最後の大会で、断言通り優勝することができました。

おめでとう!

顧問の先生より、コメントをいただきました。
 令和元年12月9日~12日で沖縄県のカヌチャゴルフコースで行われた、全国中学校・高等学校選抜ゴルフマッチプレー選手権大会にて星城高校ゴルフ部3年生の鈴木千貴君が星城高校ゴルフ部創部以来初の全国大会制覇を成し遂げてくれました。
 この大会は、夏の全国大会の上位者と各地区の代表者が集つめ開催された大会でした。そのなかで、鈴木千貴君は勝ち抜き星城高校のゴルフ部の歴史に新たな1ページを作ってくれました。今まで支えてくれた人々に感謝しこの経験を生かして、もっともっと強いゴルファーになることを期待しています。本当に全国制覇、優勝おめでとう‼️

学校生活

3年生の卒業が、近づいてきています。全員が揃って登校する日は、残り27日になりました。

今日行われていた化学や生物の実験、調理実習、年賀状作成などの授業やホームルームの様子をお伝えします。

理科の実験風景。バナナからDNAを抽出する実験と、テルミット反応です。

調理実習では、ナポリタンスパゲッティを作りました。以前は1年生で家庭科を行っていましたが、今年度からは3年生で家庭科を行っています。

6時間目のホームルームでは、出身中学校の恩師の先生宛に年賀状を作成しました。昨今は、メールなどで年賀の挨拶を済ませてしまうことが多く、年賀はがきを書くことが初めてだという生徒が多かったです。

高校生活もあと少し。充実した毎日を送りたいですね。