グローカル探究/未来探究/sports knowledge

5/9 Today the second grade students had to think about SDGs initiatives for each destination of their study trip from the perspective of town and community development. In the second year, students will be involved in either the “Regional Collaborative Creation Project” or the “Flower Road Project.” The aim is to learn about theinitiatives for SDGs in each destination from the perspective of town and community development. Students should think about which SDG number each initiative falls under for each destination and summarize the items that particularly impressed them .The plan is to research for two hours and give a presentation in the last hour.

グローカル探究/未来探究/sports knowledge

4/25 Today the second grade students had to conduct a team building activity whereby they were given sticky notes and had to write potential solutions to various regional and local situations. This activity was targeted at gaining a better understanding of varying challenging situations in addition to deepening friendships in the new classes and groups so to connect them to future activities and realise the importance of cooperation.

グローカル探究/未来探究/sports knowledge

4/18 The second grade students were each put into their research trip groups. The research destinations include Okinawa, Korea and Taiwan. Each group has to learn about and discuss the SDG targets in each place. They must think about global social issues from a global perspective and how to contribute to regional and urban development. A further focus is on solving local issues, understanding diversity, regional development and environmental conservation amongst others. The groups engaged in some ice-break activities in order to get to know each other better.

グローカル探究/未来探究/sports knowledge

【第4回】5月10日(金)第4回 「SDGs目標12 つくる責任 つかう責任」(明徳1年生・探究)

 5月10日(金)5・6限目に行われた第4回となる「未来探究」の授業を行いました。

 5時間目は、先週と同様に、各クラスがカードゲームやかるた、すごろくなど、様々なゲームを通じてSDGsや社会課題について楽しく学びました。その後、「つくる責任 つかう責任」をテーマに「食品ロス」のイメージマップを作成しました。「食品ロス」の言葉からイメージを膨らませ、班ごとで紙にどんどん書き出していきました。最初は各班悩んでいる様子が多く見受けられましたが、動画や資料の説明を受けた後は少しずつ書き出すことができました。また、クラスによっては食品ロスが起こる原因と解決法を考えている班もありました。

 6時間目は、完成したイメージマップから、自分に関わるキーワードに注目し、それを解決するための方法を班ごとに考えました。各班それぞれが、自分たちでできることを考え、さらに企業や地域、国が取り組めることまで考えることができてました。特に、自分たちでできる身近なことに関しては、一人ひとりが活発的に意見を出し合い、真剣に考えている様子が見受けられました。

 今回の活動は、生徒一人ひとりが普段考えることのないテーマであったため、この機会に考えるきっかけになったのは、とても有意義な時間であったと思います。これからの社会を担う生徒が、今後の課題に対して、真剣に考えて取り組み、より良い社会にできる人材に成長してくれると嬉しいです。

【第4回】 5月10日(金)5・6限「【食】の探究」(明徳2年生・探究)

 今回の授業のテーマは「食」です。まず、研修旅行先で食べられているご当地料理を調べ、それについてまとめました。いつから食べられているのか・どの地方で食べられているのか・材料など、いくつかの視点で考えることによって、その国の「食」から分かる文化を探りました。まったく聞いたことのないような料理や食文化を知ることができ、生徒も興味津々な様子でした。授業の後半では、台湾は九份、韓国は明洞、沖縄は国際通りを中心に調べ、お店やそこで食べられるもの、その値段や特徴などをスライドにまとめていきました。
 2学期の旅行パンフレット作成に向けてこれからたくさんの情報を収集していかなければなりません。事前の準備をしっかりと整えて、研修旅行当日を迎えてほしいと思っているので、今後の活動を大切にしていってほしいと思います。

【第4回】5月10日(金)5・6限「プレゼンテーション」(明徳3年生 探究)

  4/25 5限目は、先日の探究に引き続き「みんなに伝えたい、自分の好きなもの」をテーマにスライド作成を行いました。プレゼンテーションの準備を行いました。相手に伝わるように原稿を考えたり、見やすいスライドになるように調整したり生徒同士で確認しながら活動していました。

 6限目は、完成したスライドの発表をグループごとに行いました。自分の好きなものを発表しているので途中盛り上がっているグループもありました。聞き手も相槌を打ったり、質問をしたりいい雰囲気の中発表ができました。

 今回初めて1人でプレゼンを行う生徒は不安そうに感じていましたが、発表を終えると満足した表情も見られました。原稿を見ずスライドだけを頼りに話すことができる生徒も見られ昨年度からの成長を感じました。 今後、入試や就職の際にプレゼンテーションを行うことがあると思うので今回学んだことを生かしてほしいと思います。

グローカル探究/未来探究/sports knowledge

 仰星コース、特進コース、前回と取り組みを逆転させ、今回の活動が行われました。仰星コースはすとーりーうぃずによるキャリア教育、特進コースはSDGsへの企業の取り組み調べです。詳しい内容は前回のブログをご覧ください。https://seijoh.ed.jp/diary/2024/04/25/post-15462/

 どちらも自己理解、SDGs理解につながる充実した時間となりました。

グローカル探究/未来探究/sports knowledge

明徳1年生 第3回「SDGs目標5 ジェンダー平等を実現しよう」

 5月13日(金)の5・6限目、第3回となる「未来探究」の授業を行いました。

 5限目は、先週と同様に、各クラスがカードゲームやかるた、すごろくなど、様々なゲームを通じてSDGsや社会課題について楽しく学びました。ゲームの中には、去年の1年生が作成したオリジナルゲームもあり、各クラス夢中になりながらゲームをおこなっていました。その後、SDGS目標5である「ジェンダー平等を実現しよう」をテーマに、LGBTQ+とSOGIについて学習しました。LGBTQ+に関しては、小・中学校で勉強している内容なので理解できている生徒が多かったです。SOGIに関しては、新たな多様性の言葉として最近生まれた言葉で、まだ社会に浸透していない言葉です。初めて勉強する内容で興味・関心を持つ生徒が多かったです。

 6限目は、ベン図を活用しながら、「男と女でやれること」という問いをテーマに、様々な面から考え、付箋に多くの意見を書き出しました。付箋をベン図にそれぞれ振り分けて、現時点での自分の認識について確認しました。その後、日本のジェンダーギャップ指数や育児休業について動画や統計を参考に学習し、日本社会の現状について理解を深めました。そして、育児休業や新しい産休制度など様々な知識を元に、再度自分たちでベン図に貼った付箋を振り分け、各班でそれぞれで発表をしました。

 発表では、振り分けたベン図を皆んなに見せながら、付箋がどのように移動したのかを理由とともに、「共通してできることは、手分けして家事や育児をした方がいい」や「時間で区切るのはどうか」「男と女に大きな差はない」など各班様々な意見を発表していました。

 多様な性のあり方を認め合うことや、やるべきことを性別によって決めつけるのはいけないことを学ぶことができました。この活動をきっかけに、多様性を心がけた行動・発言ができるような人に成長できると嬉しいです。

明徳2年生 第3回「SDGs目標11 住みつづけられるまちづくり」

 5時間目は、今後起きる可能性が高い南海トラフ地震を想定して、自分たちができる対策を考えました。自宅・通学中・学校・その他(予想できる場面)のような場面を想定し、意識することや準備するものなど、いくつかの視点から捉えようと試みました。

 6時間目は、研修旅行に向けて、行先で過去に起こった災害について色々と調べ、災害状況、その後とられた対策や避難所での生活などについてまとめました。また、Q「支援物資の食糧が全員分足りなかったら、それでも配るか、配るのを中止するか?」についても班で話し合いました。自分たちが最終決定をする立場であったらという想定で考えたので、生徒も真剣に意見を出し合っていました。

明徳3年生 第3回「私の進路を実現するために」

 4/25 金曜日5限、外部講師の方をお迎えし、「一生使えるプレゼンスキル」についてのご講演をしていただきました。プレゼンと発表の違いやプレゼンに必要な力について詳しくお話していただきました。途中でペアワークも行い「一番好きなお菓子」について相手にプレゼンをしました。伝わるプレゼンや相手思考などを意識して活動している姿が印象的でした。

 6限目は、学んだことを参考にしながら「みんなに伝えたい、自分の好きなもの」をテーマにスライド作成をしました。イメージマップから自分の好きなものを広げていき、魅力を紹介するスライドを作成しました。相手に伝えるためにどのような内容がいいのか悩んでいる生徒も見られました。講演で学んだことを生かそうとしている行動力が素晴らしいです。発表に向けて、自分の伝えたいことが伝わるように準備を進めてほしいと思います。

グローカル探究/未来探究/sports knowledge

 本日、2回目の地域恊創学(SGL活動)を行いました。今回は仰星コース・特進コース別内容を実施しました。

 仰星コースはSDGsゴール達成に向け取り組む企業について、班ごとで調べ、その後、他の班の調べた企業への意見を述べました。Googleドキュメントを用いて、先週同様、クラスで1つのワークシートを完成させました。班での協働、クラスでの協働により、多くの企業による、多くのSDGsへの取り組みを学ぶことができました。

 一方、特進コースは名古屋大学の学生による団体「すとーりーうぃず」によるキャリア教育を受けました。本物の大学生による進路決定のアドバイスをいただくことができました。自分自身の好きなものを大切にするとともに、そこから視野を広げて本当にそれが好きなのかを追求するなど、大学生ならではの視点でのキャリア教育は活気あふれるものでありました。また、講義後の質疑応答では多くの生徒が学生のもとへ駆けつけていました。

グローカル探究/未来探究/sports knowledge

1年生

 4月19日(金)5・6限目、第2回となる「未来探究」の授業を行いました。
 5限目、先週はSDGsすごろくでしたが、今週は各クラスがカードゲームやかるた、すごろくなど、様々なゲームを通じて楽しく学習しました。ゲームの中には、去年の1年生が作成したオリジナルゲームもあり、各クラス夢中になりながらゲームをおこなっていました。その後、クラゲチャートというシンキングツールを利用して、アイデアを生み出す練習をしました。クラゲチャートの使い方について理解できた生徒が多かったように感じます。

 最初は「スマートフォンは必要な道具である」という主張に対して、必要である理由を生徒一人ひとりが考えて書いていきました。多い班だと20個以上の理由を書いた班もありました。

 6限目は、貧困について学習をしました。「私たちは1日に何円利用しているでしょうか?」という問いから授業が始まり、貧困ラインや貧しい生活をしている人がどのくらいいるのかなどをパワポや動画をもとに学習しました。

 最後にクラゲチャートを利用して「~があれば貧困がなくなる」という主張で各班が様々なアイデアを出しました。(~の部分は各班で異なります。)各班知恵を振り絞り、沢山の独創的なアイデアを出すことができました。また、各班が考えた理由をクラスで発表をしましたが、まだ最初なので緊張している様子も見受けられました。今回の活動をきっかけに、さらに成長してくれると嬉しいです。

2年生【第2回】4月19日(金)5・6限「SDGs目標16 平和と公正をすべての人に」

 5時間目は、なぜ戦争や紛争が世界で起きてしまうのかについて、考えを深めるために「平和と戦争ゲーム」に取り組みました。このゲームは、相手国と交渉をして、「平和」を選択するか、「戦争」を選択するかで得点を競うものです。ルールを理解するのは難しそうでしたが、非常に盛り上がりました。ゲームが終わり、振り返りの時間で、「戦争」を選び続けて高い得点を目指し続けることは本当に良いことなのかなど、いくつかの意見が出ました。一方で、どのような選択をするのがベストの選択だったのか、そこまで考えを巡らせることは難しかったようです。

 6時間目は、研修旅行先である台湾・韓国・沖縄における過去の戦争被害や現代における戦争の危機について学んだあと、戦争や平和について自分事として考える「究極の選択、あなたならどうする?」に取り組みました。正解がない問いに対してYESかNOかを生徒同士が主張し、反論する白熱した議論が見られました。

3年生第2回】4月19日(金)5・6限「私の進路を実現するために」(3年生 探究)

 4/19 金曜日5限目、ENAGEEDの教材を使用して「動く力」をテーマに学習を進めました。行動を起こす方法を理解して、未来への小さな一歩を考えました。実現のためには小さなアクションを起こすことが大切であることを理解しました。それに伴ってイレギュラーが起こることも知り、その乗り越え方も合わせて考えました。
 6限目、ゴールを進学先に設定して逆算して予定を立てました。まず、受験科目や受験日を調べました。次に進路に必要な力を考えました。最後に、予想されるイレギュラーと乗り越え方を考えました。
今回の探究は、時間が足りない生徒も見受けられましたが受験を意識した活動ができました。引き続き自分の進路と向き合い準備を進めてほしいです。

グローカル探究/未来探究/sports knowledge

 今年度初めてのSGL活動を行いました。1年間の流れを確認し、SDGsについての学び直しをしました。

 3年生の1学期には、大学生活や企業のSDGsへの取り組みについての見聞を広めながら、自分自身の将来について考え、社会にどのようにして貢献するのかを考えること、2学期には1・2年次も含めたこれまでの活動を振り返り、レポートを作成することを確認しました。

 また、本日の活動のメインとして、「SDGs○○○」というキーワードを各班で設定し、クラスで1つのワークシートを作成しました。様々な視点からSDGsを見つめなおすことで新たな発見がありました。今後の自己分析に役立てていけることを期待します。

グローカル探究/未来探究/sports knowledge

 4月12日金曜日に、普通明徳コースの1年生が第1回目となる総合的な探究の時間「未来探究」の授業を行いました。

 探究授業では、周りの人と協働して課題解決に向けて考察する授業となっています。その中でも1年生が取り組む 「未来探究」では、“自分のやりたいことを探究して、未来のSTARに”をスローガンと掲げ、SDGs17の目標をベースに様々な課題を自分たちで見つけて解決していく授業となっています。また、「未来探究」で行った活動が、2年次の「世界未来探究」、3年次の「自分未来探究」にも繋がっていくため、これからの探究授業を行う上で、「未来探究」は基礎となる大事な授業となります。

 5時間目に探究活動の一環として、各教室でSDGsすごろくを行いました。どの班も楽しくクイズに答えながらSDGsについて学びました。入学式からまだ1週間ほどしか経っていないため、最初は緊張気味でしたが、活動をこなして行くうちに生徒の顔に笑顔が見られ、とても盛り上がっていました。また、生徒からは「これからの授業が楽しみ」といった感想が多く上がりました。

 6時間目は、コース全体でガイダンスが行われました。これからの未来探究とSDGsについての説明を受けました。真剣に話に耳を傾けている生徒が多かったです。先生から質問があった際には、生徒同士で話し合い、考えながら賑やかに1時間を過ごしました。

 課題解決するためには、まず世界の様々な問題を知ることが必要です。来週からは、SDGsの目標を1つずつ掘り下げていきます。探究活動を通して、1つでも多くのことを学び、活かして貰いたいです。