男子バレーボール部,女子バレーボール部,野球部,レスリング部,ダンス部

11/23(木)に豊田合成記念体育館 エントリオにて、第76回全日本バレーボール高等学校選手権大会 愛知県予選会 決勝(春の高校バレー代表決定戦)が行われました。

代表決定戦の相手は、愛工大名電高校です。3年生は負ければ即引退、勝てば春高。彼らの人生の中でもとても大きな意味を持つ、まさに運命の分かれ目と言える1日でした。

代表決定戦は5セットマッチです。攻撃がなかなか機能せず、会場の雰囲気や相手の勢いにのまれてしまった第1セット、そして第3セットを愛工大名電高校が奪います。

一方の星城高校は、20-24から脅威の6連続ポイントで取り返した第2セットと、自分たちのリズムで戦うことができた第4セットを奪い、勝負は最終第5セットへともつれます。

第5セットは、序盤にリードしますが、相手にサービスエースを取られ逆転を許した状態でコートチェンジをします。極限の緊張状態と白熱した試合展開が続いたことで、両チーム足を攣る選手が多発し、まさに総力戦の死闘となりました。8-10で追いかける展開。そこから2枚替えで入った選手たちが活躍し、セットカウント3-2で星城高校がこの激闘を制しました。そして同時に、春の高校バレーの全国最後の出場権を獲得しました。

慣れない会場で、音響や照明は高校生が経験することの少ないVリーグさながらのクオリティです。コロナの制限がなくなり、大きな体育館で満員の観客に見つめられる中、自分たちの力を発揮しきれない苦しい苦しい試合でした。

笑顔とガッツポーズ、走り回る姿。星城高校らしさを作る余裕もなかったように思います。星城高校男子バレーボール部の誇りとプレッシャー。春高予選というものは、こんなにも恐ろしいものかと思い知らされました。でも、星城高校には、支えてくれるたくさんの人たちがいます。苦しくても笑顔で励ましてくれる仲間、いつも誰よりも楽しんで応援してくれる保護者、休みにも関わらず喜んで応援しにきてくれた同じ高校の先生や生徒たち、満身創痍の選手たちを支えてくれるトレーナーさん。ここでは挙げきれないほど、たくさんの人たちに支えていただきました。星城高校男子バレーボール部は本当に幸せだと、試合を重ねるたびに感じます。折れそうな選手たちの心を何度も奮い立たせてくれました。みなさんのおかげで、苦しくても彼らの笑顔を、ガッツポーズをたくさん見ることができました。

反省点は山ほどあります。選手もスタッフもここから先、やらなければいけないことだらけです。しかし今日で、だいすきな3年生ともう1度ベスト8に挑むチャンスを得ました。あとは悔いなくやり切るだけです。星城高校に関わってくれるすべての人に「感謝の気持ちを忘れずに!」春高に挑みます。

星城高校男子バレーボールの応援本当にありがとうございました。春の高校バレーでの応援もよろしくお願いします。

男子バレーボール部

11/4(土)に親水公園総合体育館で、全日本バレーボール高等学校選手権(春高バレー)の愛知県予選準々決勝、準決勝が行われました。

10/28(土)の1.2回戦を勝ち上がった星城高校は、準々決勝では菊里高校を、準決勝では栄徳高校をそれぞれストレートで下し、決勝進出を決めました。今日の試合は3年生が安定したプレーで下級生に出番を作り、苦しいところで引っ張ってくれました。

これまでずっとチームをまとめ、引っ張り続けてきた3年生に残された時間もわずかです。この1年間、1.2年生も大きく成長してきましたが、まだまだ頼りないところも多々あります。声で、表情で、プレーでチームを牽引し、勝利に導いてくれる3年生の背中を見ていられるのもあと少しです。その背中から、学べるものをたくさん吸収して、まだまだ成長してほしいと思います。そして、3年生は、入学してからこれまでの道のりを思い出しながら、後悔のない結果を残せるように、これからの日々を過ごしていってほしいと思います。

次の試合は11/23(木)です。会場はエントリオという、バレーボールのトップリーグでもあるVリーグの試合でもよく使われる体育館です。愛知県は、全国で最も早くインターハイ出場校が決まり、最も遅く春高の出場校が決まる県です。全国の高校バレーファンが注目するこの試合で、いつも支えてくれる人たちへの「感謝の気持ちを忘れずに!」必ず勝って春高出場を決めたいと思います。

入場にはチケットが必要で、明日11/5(日)午前10時より販売開始です。ぜひ会場で星城高校の応援よろしくお願いします。

部活動,バドミントン部

10月28日に名古屋市東スポーツセンターにて令和5年度愛知県高等学校新人体育大会バドミントン競技 県大会 個人戦が行われました。

結果

シングル

ベスト4   宮田

ベスト16 豊島 松島 

出場    葭田 杉田 青﨑 竹内

以上より県大会が終了しました。
団体戦 東海大会出場決定しました。

試合前は焦りも出て準備が足りず立ち上がりが悪かったので、内面も鍛えていきたい思います。東海大会に向けて目標を持ちこれからも励んでいきます。
引き続き応援よろしくお願いします。

空手部,部活動

11/2、愛西市の大会に招待していただきました。この大会は個人戦のみです。普段とは違う雰囲気でのトーナメント。そして、新人戦で得た反省点がどこまで改善されているかをはかるいい機会です。結果を報告します。

●高校生男子組手

準優勝・・水野煌己

第3位・・山本陽斗

●高校生女子組手

優勝・・久間心路

第3位・・長田愛瑠、内田小葉

東海選手権の組合せも発表されました。全国選抜を目指して頑張ります。

空手部,部活動

10/22、新人戦最終日は団体組手競技です。結果を報告します。

●男子5人制団体組手

準優勝

●女子5人制団体組手

優勝

残念ながら、男子団体組手は決勝戦で逆転負けでした。この悔しさを忘れずにいきたいと思います。

本日の結果、男子5人制団体組手・女子5人団体組手にて、東海選手権の出場権を獲得しました。

東海選手権で勝ち上がらなければ全国選抜には出られません。東海選手権で勝利できるよう、練習を重ねます。

なお、新人戦全日程にて、本校保護者に大会運営でご協力いただき、円滑に大会が行われることができました。ありがとうございました。

男子バレーボール部

10/28(土)いちい新金メインアリーナで、全日本バレーボール高等学校選手権(春高バレー)の愛知予選が開幕しました。

インターハイ後から、主に国民体育大会(国体)の選抜チームを中心に強化をはかってきたため、星城高校としては久しぶりの大会参加となります。

大会に先立ち、会場で先日の国体チームの第4位を表彰していただきました。国体メンバーは、全国大会ベスト4の誇りを胸に今大会に臨みます。

星城高校は初戦の名東高校、そして2回戦の一宮起工科高校にそれぞれストレート勝利を収め、11/4(土)の準々決勝に駒を進めました。

この2試合は、1.2年生に多くの出場機会があり、この試合で星城高校のユニフォームを着ての初陣を飾った選手もいました。まずは県大会を勝ち抜き、星城高校として全国大会の上位を目指すためには、レギュラーだけでなくベンチ、サポートの部員による心強いバックアップが必要不可欠です。

今回ユニフォームを着ることができなかった選手も含め、全員で春高バレーの切符を掴みたいと思います。

次の試合は、来週11/4(土)です。1週間チームをしっかり整えて、相手に左右されない安定した試合でまずは決勝進出を決めたいと思います。決勝に進めなかった昨年度の悔しさを胸に、チーム一丸で戦います。

星城高校男子バレーボール部の応援よろしくお願いします。

部活動,バドミントン部

10月22日に名古屋市守山スポーツセンターにて令和5年度愛知県高等学校新人体育大会女子バドミントン競技 県大会 個人戦が行われました。

結果

ダブルス

ベスト16 葭田・豊島 宮田・松島

ベスト32 青﨑・山本 佐藤・竹内

 出場    杉田・福岡

この試合のために夏休み前から練習してきました。新人戦は、緊張などで昔のくせが出ないよう、最後までやりきること意識をしました。応援が大きな力になりました。ありがとうございました。次の目標に向かって励んでいきます。引き続き応援よろしくお願いします。

部活動,バドミントン部

10月21日に名古屋市守山スポーツセンターにて令和5年度愛知県高等学校新人体育大会バドミントン競技 県大会 団体戦が行われました。

結果

一回戦目 VS愛産大三河高校
複1 宮田・青﨑 21-6  21-0
複2 葭田・豊島 21-16  21-13
単1 松島    21-4  21-3

二回戦目 VS愛工大名電高校

複1 葭田・豊島 16-21  21-19  21-17
複2 宮田・青﨑 21-19  21-14
単1 松島    21-19  18-21  21-23
単2 宮田    21-7  23-21

三回戦目 VS岡崎城西高校

複1 葭田・豊島 12-21  15-21
複2 宮田・青﨑 17-21  22-20  15-21
単1 松島    18-21  10-21

三位決定戦 VS豊川高校

複1 葭田・豊島 17-21  10-21
複2 宮田・青﨑 21-14  21-8
単1 松島    21-17  21-10
単2 宮田    21-17  21-10

試合前に体調を崩し、チーム全体が不安を感じていました。日々の行動や気持ちのひとつひとつが現実になり、今に繋がっている。コーチからの言葉で気づき、一人一人が役に立とうという気持ちで練習に励みました。
当日は保護者の方々も応援に来てくださり、県大会団体戦三位となりました。
次は個人戦です。このままの勢いで、頑張ります!
引き続き応援よろしくお願いします。

空手部,部活動

10/21、新人戦2日目は個人組手競技です。結果を報告します。

●男子最軽量級

水野煌己・・優勝

中野勇侍・・準優勝

伊藤万桜・・第3位

遠藤仁貴・・第3位(第4位)

●男子軽量級

菱田悠斗・・優勝

●男子最重量級

永坂大樹・・優勝

●女子最軽量級

大野寧・・優勝

●女子軽量級

藤村美月・・優勝

髙原彩愛・・準優勝

内田小葉・・第3位

●女子重量級

久間心路・・優勝

長田愛瑠・・準優勝

本日の結果、伊藤万桜・永坂大樹・中野勇侍・菱田悠斗・水野煌己・内田小葉・大野寧・髙原彩愛・藤村美月・久間心路・長田愛瑠が、個人組手で東海選手権の出場権を獲得しました。

空手部,部活動

10/15、新人戦の初日は形競技です。本校からは、個人形で遠藤仁貴・夏虎太朗・浅原優輝・宮ノ腰優鈴の4名がエントリーしました。結果を報告します。

●男子団体形

エントリーせず

●女子団体形

エントリーせず

●男子個人形

遠藤仁貴)第1ラウンドDグループ1位通過→第2ラウンドCDグループ2位通過→3位決定戦 勝利・・第3位

夏虎太朗)第1ラウンドAグループ2位通過→第2ラウンドABグループ1位通過→決勝戦 敗退・・準優勝

浅原優輝)第1ラウンドCグループ6位敗退

●女子個人形

宮ノ腰優鈴)第1ラウンドBグループ1位通過→第2ラウンドABグループ1位通過→決勝戦 敗退・・準優勝

本日の結果、遠藤仁貴・夏虎太朗・宮ノ腰優鈴が東海選手権への出場権を獲得しました。東海選手権で勝ち上がれば、全国選抜です。

土日は、組手競技が行われます。